不安障害の正しい治し方とは?様々な療法から不安障害を見つめなおす。

そのお薬は「白い粉」です。

 

警視庁の警告に

 

絶対に使ってはダメ。

 

 

そのものが成分。

 

「身も心もボロボロ」

 

 

になる。

 

 

有名人や芸能人がニュースになり

 

 

逮捕をされたのを思い出しましょう。

 

 

同じです。

 

最初からあるのは

 

 

これとは別に原因があります。

 

 

「不安障害」は

 

病気や障害といっていいのでしょうか?

 

 

そうしたものではありませんよね?

 

 

一例では

 

 

「感受性が高い状態。」

 

 

嫌な環境であれば不安を感じるものです。

 

 

障害とは違います。

 

 

他には

 

 

経済的なことで不安定で不安。

 

 

しかしこれも障害ではないですよね?

 

 

景気が改善することで解決します。

 

 

これに薬をすることは関連がまったくないことです。

 

 

つまりは弱みを利用する詐欺行為なのです。

 

 

 

 

 

感受性が高い人は

 

一定数います。

 

 

この場合は社会生活に支障がでる場合は

 

 

社会生活が送れる程度には慣れさせるのはありです。

 

 

潔癖症だったら少しずつ汚いのを触れるようにする。

 

 

 

例えば電波が苦手な人もいます。

 

 

感受性が高いのです。

 

 

ほとんどの人たちには大丈夫なのですが

 

 

一定数の人たちはいます。

 

 

 

何も知らない人たちが「甘え」と決めつけるのは

 

非常に害です。

 

 

一般によくある情報は

 

 

精神科・心療内科・臨床心理士のカウンセリングは詐欺です。

 

 

 

注意をすることは

 

診断があり

 

 

「白い粉」でなるのが

 

 

うつ病や不安障害であること。

 

 

 

 

まずはこのことを頭に入れておいてください。

 

 

 

 

不安障害には様々な療法がある。それぞれの療法の特徴とは?

 

 

いわばわかりやすい表現でいえば

 

嫌なことがあったときに

 

 

アルコールを大量に飲んで

 

酔っ払って泥酔している状態。

 

 

これは療法とは呼べないですよね?

 

 

 

 

それでは・・・わからなくなっているだけ。

 

 

特徴はまさに使用者。

 

 

「誰かと一緒にいるのが怖い。仕事で出会う人たち、皆が怖い。

 

 

 

ひとりでいないとパニックを起こしてしまう」

 

 

 

「怖くて電車に乗れない」

 

 

「自分の身の回りのもの、すべてが不潔なような気がして、

 

一日中掃除をしている」

 

 

などが代表的な症状として

 

知られている病気とされています。

 

 

 

 

「不安障害」という名称は忘れることです。

 

 

あれをすれば

 

 

 

「不安・恐怖」が強くなるものです。

 

正常な社会生活が送れなくなってしまうのです。

 

 

不安障害で一番の問題は

 

精神科・心療内科の受診をしてしまうこと。

 

 

精神科医の治療でなるのが不安障害。

 

 

 

 

かえって精神に異常をきたす原因になります。

 

 

 

脳にダメージを負い

 

発達に障害がでる恐れもあります。

 

 

 

子供が「白い粉」をすると

 

 

警視庁の説明にある通りで

 

知的障害になる危険もあります。

 

 

 

 

 

こういった薬害について

 

心配するのは正しいことです。

 

 

ですが何かの異常だと心配はしなくていいのです。

 

 

 

不安障害に悩む人が一番知りたいのは

 

 

「どうやったら不安障害が治るの?」ということです。

 

 

 

まずは不安障害は自作自演であることを

 

 

自覚することからです。

 

 

「友人が不安障害になって、仕事を続けるのが難しくなり、

 

 

会社を休職しているんだ」など、

 

 

「不安障害」という言葉を聞くことが

 

 

増加をしています。

 

 

「不安障害って何だ?パニック?うつ病みたいな?精神病の一種なのかな?」

 

 

 

と、あいまいな知識を持っている人が多いと思います。

 

 

 

「不安障害」は危険なものでなることを認識しましょう。

 

 

 

多くの人が誤解をしている不安障害。

 

 

ブログなどで不安障害のチェックのリストをしてしまい

 

 

なにかそういった基準があるものを思わされて

 

 

誘導されてしまうのです。

 

 

 

 

音楽療法?行動療法?認知療法?結局何がいい?

 

 

 

不安障害には、様々な種類があります。

 

どれも騙すためにあるのです。

 

 

すれば不眠にも陥ります。

 

 

手錠をしている状態を思い出すと

 

 

目にクマができていますよね?

 

 

パニック障害。

 

全般性。

 

 

不安障害も含め疾患は作られているのです。

 

 

例えば音楽療法がありますが

 

そもそもでいえば不安障害はしてしまったから。

 

 

 

不安障害での就労の支援というのも

 

ないのが正しいことです。

 

 

行動療法というのをしても不安障害が改善しない。

 

それもそのはずです。

 

 

どれもいろいろと話を作っては

 

 

高い支払いをするだけです。

 

 

不安障害は

 

マルチ商法です。

 

 

不安はそもそも必要なものです。

 

障害ではありません。

 

 

ポジティブ思考が必ずしもいいわけではないです。

 

 

悪いことがあってもポジティブにしていると

 

 

それだと・・・ただのバカになってしまいます。

 

 

悪いことを見ないように見ないようにしているだけで。

 

 

逃げている、ごまかしているだけです。

 

 

 

不安がありネガティブ思考があるときは

 

 

何か問題があるからです。

 

 

原因があるからです。

 

いつもポジティブ思考だとこれに気づかないのです。

 

 

 

ポジティブ思考もネガティブ思考も

 

 

両方使うことです。

 

 

 

ポジティブ思考だとうまくいっていることの確認ができます。

 

 

「不安」は感情。

 

 

「不安」は障害とは違います。

 

 

 

両方使うのがいいのです。

 

 

感情を抑えるのではなくて

 

 

客観的に分析をして「感情」を使う。

 

 

 

あがり症だったら

 

 

人前であがる。

 

 

人前であがるのを少しずつ慣れさせていく。

 

 

そしてポジティブ思考になると。

 

 

うまくいっているのがわかる。

 

 

 

結局どれをしてもパッとしない。

 

それではおクスリでとなってしまっても

 

頭がおかしくなる。

 

 

こういった様々なのも

 

 

広告になっているのが実情です。

 

 

 

精神科・心療内科、

臨床心理士のカウンセリングもですが

 

社会に大変な害となっております。

 

 

 

不安障害に関連する

 

 

事業所もないのが本来のすがたであります。

 

 

 

「白い粉」ですから。

 

 

治療と称して売るだけです。

 

 

 

 

 

不安障害は薬や漢方などで治るのか?

 

 

 

こうなると

 

不安障害と漢方も関連がないことがわかります。

 

 

 

こうした不安障害というのは

 

 

治るや治らないという話ではありません。

 

 

 

症例とはあれのこと。

 

話がおかしくされているのです。

 

 

 

家族や周囲の人たちは

 

不安障害で心配になり

 

 

支援をしたいと思うのはわかります。

 

 

 

しかし精神科・心療内科をすすめるのはやめましょう。

 

 

 

 

それこそ向精神薬漬けになり

 

就労ができない身体になってしまいます。

 

 

 

子供さん、学生さんなら勉強ができなくなります。

 

 

脳にダメージを負うので記憶力の低下に物忘れ。

 

 

例えば英語の単語が覚えられない。

 

 

勉強をしても勉強ができない。

 

 

母親がすれば胎児に栄養として。

 

授乳をすれば赤ん坊に。

 

 

 

遺伝ではないです。

 

毒が回った状態で

 

子供が生まれることになります。

 

 

 

大変危険なことです。

 

 

不安障害という捏造された話にのってしまうと

 

人生が台無しになります。

 

 

実際、精神科の病院やメンタルクリニックを受診して

 

 

「不安障害」だと診断されると

 

 

人生が終わりとなる。

 

 

 

不安障害と言い訳をしているのです。

 

 

「白い粉」に甘えているから。

 

出所してはまた使ってしまい

 

「見るとやりたくなる。」

 

再逮捕される。

 

あの人たちも同じですよね?

 

 

そうです。

 

関係がありません。

 

 

嫌なことがあったときに

 

アルコールを大量に飲んで酔っ払って

 

 

泥酔してわからなくなった状態。

 

 

していることは同じです。

 

 

あとで大変なことが待っています。

 

 

他にあることで

 

ペットを飼うといいというのも

 

逃げのひとつです。

 

 

こうした考えを捨てることです。

 

 

「不安障害と診断があったのが向精神薬漬けになっていた。」

 

 

「廃人になっていた。」

 

 

という点です。

 

 

健康な人がきわめて正常だったのが

 

 

おかしくなってしまいます。

 

危険なのをして

 

不安障害の症状が改善したり、

 

 

不安障害が完治することはないです。

 

不安障害。

 

障害とついているので治し方が必要で

 

何か病気だから治療が必要だと勘違いをしてしまうのです。

 

 

 

「不安」

 

そう「不安」です。

 

 

「感情」です。

 

 

 

 

不安障害の治療で最もやってはいけないことは?

 

 

 

「自分は不安障害のような気がするから、

 

 

精神科の病院かメンタルクリニックに相談に行ってみよう」

 

 

 

このように考えているあなた。

 

 

実はこれが、不安障害を治療する上で、

 

 

最もやってはいけないことなのです。

 

 

 

 

「不安障害」は疾患。

 

 

これがそもそもの間違いです。

 

 

 

 

ニュースになって手錠をして

 

 

連行されるシーンを思い出すと。

 

 

 

取り乱している。

 

 

意味不明なことを言っている。

 

 

暴れている。

 

 

動悸がする。

 

 

目がうつろ。

 

 

ろれつが回らない。

 

 

よだれを垂らしている。

 

ぐったりしている。

 

疲れきっている。

 

微熱や頭痛がする。

 

吐き気。

 

汗がでる。

 

息苦しい。

 

眠れない、不眠。

 

混乱、パニック。

 

幻覚、幻聴、妄想。

 

記憶障害、認知症、ボケている。

 

 

など。

 

 

どうなるのかは人により違います。

 

 

不安障害とは

 

わたしたちにある

 

 

心配するのを利用した詐欺です。

 

 

不安障害というものにあるのと

 

 

これらの症状は同じ。

 

「不安障害」ではなくて

 

「薬害」です。

 

違いをみると。

 

 

「不安」をどうにかしたいのは正しいのですが

 

 

間違って不安障害をいう話を信じてしまい

「白い粉」をしてしまい

 

あの使用者に陥ってしまっているのです。

 

 

「不安」はクスリですることではないです。

 

 

結局、精神科・心療内科の病院やメンタルクリニック

 

 

臨床心理士のカウンセリングなどに

 

頼らず、

 

 

自力ですることです。

 

 

 

 

不安障害を克服して、本来の自分を取り戻すために

 

 

 

不安障害を克服するためにまず必要なことは、

 

 

こうした詐欺師たちと決別をすること。

 

 

 

まずは不安障害の出所を絶たないといけないのです。

 

 

そして

 

元々からあるものに

 

取り組む。

 

 

こういったのは日々の積み重ねです。

 

 

「手っ取り早く治したい。」

 

 

これが甘えなのは、

 

 

ここまでで説明してきた通りです。

 

うつ病や不安障害はない!

 

 

しかしするのは自分にしかできません。

 

 

家族の協力・支援を得られない場合はあります。

 

現実問題、よくあることです。

 

期待しないでください。

 

あきらめてください。

 

 

理解が得られない場合は

わかってもらおうとはしないことです。

 

 

するのはあなたです。

 

 

コメント

  1. より:

    環境が薬でかわることはないです。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました