営業事務のあるある、辞めたい、つまらない、辛い、飽きる、大変、パート、派遣、向いてない、ストレス​

Advertisements
 





営業事務のあるあるでストレスで辞めたいなど大変な一面もあります。

多くの仕事があることをご存じでしょう。

一般事務や受付事務、営業事務などがあります。

もっと細かく見ると

不動産事務、

工場事務、

調剤薬局事務、

調剤事務、

医療事務、

病院事務、

学校事務、

貿易事務など

多くの事務があります。

Advertisements
 









ストレス?営業事務を辞めたい?

営業事務で働き始めたものの、辞めたい。

想像しているものと仕事の内容が違ったり、

任される量が多くハードな仕事内容にプライベートまで振り回される、

むかつく人がいてストレスが溜まって辞めたい、

仕事が単純で飽きてしまいつまらなくなり、

辞めたい、

事務作業が向いてないと思い辞めたいなど、

多くの理由で辞めたいと思う人も多いかと思います。

下記で営業事務のやりがい、

メリットについて記載しているので、

仕事ができないので辛い、

向いていなくて続けるのが精神的につらい、

仕事が忙しすぎて辛いなどと思った人に一度読んでいただきたいです。

きつい?営業と営業事務の違い。事務と営業事務の違い。営業事務とは

営業事務であろうと他の仕事であっても

いいように利用されているだけになっていないかを

自分自身を冷静に客観的にみましょう。

営業と営業事務の違いとは、

営業事務は営業という言葉が含まれていますが、

営業職ではありません。

営業事務の仕事は

営業の仕事をサポートする社内業務と

顧客に対応する社外業務の2つに分けられます。

営業事務の仕事はメールや営業担当者の予定をチェックして、

見積書や請求書を作成したり、

データ入力、経理などを行ったりします。

「どこまでが仕事の範囲になるの?」

と疑問がわくこともあるでしょう。

これが理由で営業事務でもあう、

 

あわないものがでてきます。

 

 

 

 

またブラック企業の場合もあります。

 

 

どこにでも嫌な人間はいます。

 

 

 

あってしまったら相手にしない、無視する。

 

 

 

しかし会社ではそうもいかない場合があります。

 

 

 

営業事務も会社によって違いがあるのです。

 

 

いつでも辞めたいから辞めるために

 

 

転職活動を開始しておくのもいいわけです。

 

 

 

 

 

誰かが同僚や上司が助けてくるなどと

 

 

甘い期待はせずに

 

甘えは考えずにしましょう。

 

 

 

 

会社によっては経理の部門が会社にある場合などで、

業務の幅が会社によって違います。

会社によっては担当する業務が少なく、

「楽すぎ」と周りの友人に言われることもあるかもしれません。

内心で

「ムカつく!」

 

 

 

など怒るのも当たり前です。

 

 

 

 

しかしここでキレていても意味がありません。

 

 

 

次に向けて行動に移しましょう。

 

 

 

 

広範囲な業務にわたることが多いので、

やりがいと同時に大変な仕事でもあります。

事務と営業事務の違いですが、

事務の仕事は、

部門を限定せず幅広い業務を担当します。

ファイリングや電話対応。

データ入力など人の前に立って何かをやるということは少ないですが、

他の社員をサポートし、

業務を円滑に進めるためには必要不可欠な仕事です。

事務も営業事務も

の仕事をサポートする事務的な作業を担うという点では同じですが、

その範囲が異なります。

「どちらがきついか」などの質問がたまにありますが、

会社によって担当する業務の幅が違いますので

一概には言えません。

営業と営業事務の違い

営業と営業事務の違いですが、

営業は会社に利益を上げるために商品やサービスを売り込みます。

具体的には自社で提供している製品やサービスを販売したり、

クライアントが求めている情報などを提供したりして

契約を結ぶことがメインのお仕事になります。

利益を上げるために

どのように考えて行動するかやリサーチ力、

企画力などが大事になってきます。

それに対して

営業事務は上記で説明したように

営業活動をサポートする仕事です。

経理もする。営業職のサポート。事務職?営業事務のやりがい

事務職なので仕事は書類作成やデータ入力、

経理もするなどの事務作業、

営業に代わって

取引先の人にアポイントを取ることなど、

なんでも屋な部分があります。

辞めたいのもあってもおかしいことではありません。

 

 

 

営業職の人が自社の製品やサービスを

より多く販売できるようにサポート、

バックアップをする仕事です。

直接的に目に見えた実績や売り上げには繋がらないが、

営業事務がいなければ営業は製品を販売することはできないといっても

過言でないくらい重要な仕事です。

仕事は?パートも多い。営業事務のメリット

未経験でも仕事に就けることができ、

会社の中核ともいえる営業部分に身を置くことで、

ビジネスに対する知識や

営業感覚が身につき

キャリアパスを立てやすいことです。

多くのお客様と直接コミュニケーションをとって、

要望を汲み取って対応する方法が自然に身につくとともに、

売り上げを上げることの大変さ、

喜びを肌で感じることが出来ます。

飽きるという人もいますが、

毎日社内や社外の多くの人と話すので、

ルーチン作業だけではない仕事です。

また、男性より女性が多く、

パート、派遣として働いている人が多いです。

その理由として、残業が少ないことが挙げられます。

基本的に営業と違って外に出る機会があまりないので、

定時で帰りやすいことが男性より女性が多く、

パートとして働いている人が多い要因です。

営業の事務員のあるあるネタ

営業事務のあるあるネタいかがだったでしょうか。

営業の事務員には

メリットやデメリットが多くあります。

この記事をみて、

職業選択などの参考になると幸いです。

テキストのコピーはできません。