独身証明書がばれる?恥ずかしい?本籍地以外は?郵送は?代行で代わりは?

スポンサードリンク






独身証明書というのは、結婚相談所に入会する時にのみ

必要になる公的な書類です。

 

独身証明書自体はとてもシンプルなもので、

 

本人の氏名、生年月日、本籍地が載っていて

 

民法732条(重婚の禁止)の

 

規定に接触しないことを証明する、

 

とあります。

 

 

でも、役所に独身証明書をもらいに行くのって、

 

「私は婚活しています」

 

と言っているのと同じで

 

恥ずかしいと思う人も多いようです。

 

役所の人は気にしていないかもしれないのに

 

視線が気になったり、

 

又は小さな田舎だったら

 

役所で知人に会ったりして、

 

ばれるかもと思い

 

ドギマギしてしまうかもしれませんね。

 

でも、はずかしい思いをしなくても

 

 

独身証明書をもらう事は出来ますので、

 

その方法をご紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク






代わりに。独身証明書を郵送してもらう事は出来る?

 

 

独身証明書は本籍地の役所が発行してくれるもので、

 

本籍地以外の役所からはもらう事が出来ません。

 

ですが本籍地の役所に行かなくても

 

郵送で送ってもらう事が出来ます。

 

恥ずかしいという事よりも、

 

 

そもそも本籍地の役所が

 

遠方だったりする事もありますから、

 

 

郵送してもらうのが一番でしょう。

 

 

 

独身証明書を郵送してもらうには、

 

 

次の書類を本籍地の役所に送る必要があります。

 

 

 

1.本人である事が確認出来る公的な書類、

 

例えば運転免許証や

 

保険証のコピー等です。

 

 

 

 

2.独身証明書の発行手数料を支払うための定額小為替証書。

 

これは郵便局で手に入れる事が出来、

 

現金の代わりになるものです。

 

金額は自治体によって異なるので、

 

 

まず役所に電話で金額を確認してから

 

定額小為替を購入しましょう。

 

大体150円から400円程のようです。

 

 

 

 

 

3.独身証明書申請書。

 

この申請書は

 

ネットでダウンロードする事が出来ますので、

 

その申請書に必要な事を

 

きっちり記入します。

 

 

 

以上のものを郵送すると、

 

およそ1週間程で

 

独身証明書が送られて来ます。

 

 

 

ばれないには?独身証明書の代わりの証明書でもいいの?

 

 

独身証明書というものをもらう事自体が

 

嫌だという人もいるでしょう。

 

そういう場合はそれに代わるもの、

 

代わりの証明書、

 

戸籍謄本や戸籍抄本を申請すればいいのです。

 

戸籍謄本なら様々な理由で

 

申請するものですから、

 

 

どういった目的で申請するのか等の理由を

 

言う必要はありません。

 

なので、

 

ばれないで済むという安心感もあります。

 

 

ですが戸籍謄本には本人が独身である事以外に、

 

色々な情報が載せられています。

 

そうすると必要以上に

 

情報が伝えられる事になってしまいます。

 

 

結婚相談所にとっては

 

個人情報の事もあるので、

 

取り扱いにとても気を使います。

 

 

中には戸籍謄本はだめです、

 

と言われる場合もまれにあります。

 

 

独身証明書の方が結婚相談所にとっては、

 

あまり神経を使わなくてもいいので気が楽なようです。

 

 

また、戸籍謄本や戸籍抄本は、

 

コンビニのマルチコピー機でも

 

取得することが出来るようになっていますので、

 

その点でも便利です。

 

コンビニによって設置されている

 

マルチコピー機は色々ですが、

 

大体手順は同じようなものです。

 

とは言え、コンビニのマルチコピー機で

 

証明書等を発行するには、

 

マイナンバーカードが必要になります。

 

マイナンバーカードを持っていない人は

 

利用出来ない事になります。

 

 

 

 

代行は?代わりに別の人が取りに行けるの?

 

 

 

近くに役所があるけど、自分が行くのは嫌な場合、

 

家族に取りに行ってもらう事も出来ます。

 

ただ、委任状は必要になります。

 

 

委任状はネットでダウンロードする事が出来ますので、

 

 

その委任状に署名をして家族に渡します。

 

 

それを持って家族が役所に行き、

 

 

本人の代わりに

 

独身証明書を発行してもらいます。

 

 

ただ家族にも婚活を知られたくない時には、

 

 

結婚相談所がそれを代行してくれる場合もあります。

 

すべての結婚相談所が

 

代行してくれる訳ではないので、

 

相談所に行く前に電話で

 

その点も聞いてみるといいかもしれません。

 

 

やはり結婚相談所も、

 

 

独身証明書を取得するのを

 

 

恥ずかしいと思っている人が

 

多い事を理解している筈です。

 

 

 

独身証明書が不要の結婚相談所ってなんなの?

 

 

結婚相談所へ行って、

 

必要書類の中に独身証明書が不要でない場合、

 

これってどう考えたらいいのでしょうか。

 

恥ずかしい独身証明書を取得する必要がないので

 

喜んでしまったら、

 

それは危険なことです。

 

 

結婚相談所は結婚をまじめに考えている人が

 

相談に行く所です。

 

もしその相談所が独身証明書は

 

必要ないという場合、

 

 

 

既婚者が独身になりすまして

 

 

遊び目的で入会することが出来る事になります。

 

 

結婚相談所の中には、

 

独身証明書を取得するのが

 

恥ずかしいとか面倒くさいと感じて、

 

 

入会する事をためらう人がいるので、

 

 

そういった証明書は必要がないとしているようです。

 

でも既婚者でも入会する可能性はありますから、

 

やはりそういった

 

結婚相談所は避けた方が賢明かもしれません。

 

 

 

結婚相談所には独身証明書以外に何を提出するの?

 

 

 

きちんとした結婚相談所に入会する場合、

 

独身証明書以外に

 

何を提出する必要があるのでしょうか。

 

結婚相談所によって

 

必要書類が違っては来ますが、

 

 

一般的に必要とされているものは以下のものです。

 

◎独身証明書。

 

◎本人だと分かる公的な証明書、例えば運転免許証やパスポート等。

 

◎最終学歴を証明する書類。

 

◎職業を証明する書類。

 

 

 

コメント

  1. すあ より:

    コンビニですか

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました