中絶跡は分かる?履歴は残る?ばれる?堕胎と中絶の違いは?方法や特徴など紹介

スポンサードリンク






中絶跡は中絶手術後、しばらく経過すると中絶後は分からなくなります。

日本では、中絶手術の件数は年々減少傾向となっています。

また中絶方法も変化してきています。

 

 

女性にとって中絶手術は、

 

誰にも言いたくなく、知られたくないことです。

 

中絶跡、中絶について分かる方、分からない方もいると思います。

 

 

 

そこで今回は

 

・中絶の基礎知識、特徴

 

・人工妊娠中絶について。母体保護法で中絶が認められる理由

 

・人工妊娠中絶手術の種類と方法

 

・中絶回数とリスクについて。不妊に影響を及ぼす?

 

・よくある質問。中絶の履歴、中絶経験者の妊娠、堕胎と中絶の違い、不妊になりやすい特徴

 

・中絶の悩み、理由、過去

 

について紹介あいます

 

 

 

スポンサードリンク






中絶の基礎知識、特徴

 

 

 

ここでは中絶の基礎知識を紹介します。

 

中絶について分かることは大事です。

 

 

 

 

1.中絶とは

 

 

「胎児が母体外において、生命を保続する事が出来ない時期に、

 

人工的に胎児及びその付属物を母体外に排出する事」

 

 

と定義されています。

 

 

 

2.日本の中絶の現状

 

 

・厚生労働省の報告書では、

 

人工妊娠中絶手術件数は次の通りです。

 

 

 

 

 

1990

45万件

1995

170万件

2000

34万件

2015

17万件

2019

15万件

 

 

 

1995年以降は、上記の様に減少傾向にあります。

 

 

その原因として、

 

 

「人口の減少」「出生の減少」「避妊方法の普及」

 

などが挙げられます。

 

 

 

・年齢別については次の通りです。(2019年のデータ)

 

 

 

20歳~24

12.9

25歳~29

10.4

 

 

記録では、2019年の20代の中絶件数は

 

 

20歳~24歳の12.9%が最も多くなっています。

 

 

人工妊娠中絶について。母体保護法で中絶が認められる理由

 

 

ここでは、人工妊娠中絶について紹介します。

 

 

 

 

1.人工妊娠中絶について

 

 

人工妊娠中絶は「人工流産」とも呼ばれています。

 

流産とは、胎児が母体の体外で生存できない時期における

 

 

「妊娠の終結」

 

 

を意味するもものです。

 

 

 

日本では妊娠22週未満と定義されています。

 

 

この流産が自然に起こることを「自然流産」、

 

 

人為的に起こることを

 

 

「人工流産」と言います。

 

 

 

人工中絶について(人工妊娠中絶)は、

 

 

妊娠22週目未満の期間に、

 

意図的に中断する事を目的とした手術です。

 

 

 

 

 

2.母体保護法

 

 

 

日本では、「母体保護法」という法律で決まっており、

 

 

それに反する場合は中絶することが出来ません。

 

 

人工妊娠中絶が認められるのは次の通りです。

 

 

 

 

・母体の健康上、妊娠の継続または分娩が困難な場合

 

・経済上の理由がある場合

 

・暴行や脅迫によって抵抗や拒絶ができなかった場合

 

 

 

手術を行うのは「場母体保護法」指定の資格を持つ医師に限ります。

 

 

 

 

 

 

3.手術の時期

 

 

Advertisements

中絶手術が出来る時期は母体保護法によって決まっています。

 

 

 

妊娠22週未満(21週と6日まで)

 

と定められており、

 

 

それ以降は

 

母体に掛かるリスクの大きさや

 

 

論理的問題から、

 

 

中絶手術は認められていません。

 

 

 

 

人工妊娠中絶手術の種類と方法

 

 

 

妊娠中絶手術の時期による分類は

 

「初期中絶」と「中期中絶」の

 

 

2種類があります。

 

 

1.妊娠週数別の中絶方法の種類

 

 

 

中絶時期による

分類

妊娠週数

中絶方法の種類

初期中絶

妊娠4週~116 吸引法・掻爬法

中期中絶

妊娠12 吸引法・掻爬法
妊娠13 手術前処置と吸引法または分娩法
妊娠14週~妊娠216日まで 分娩法

 

 

 

 

 

2.中絶方法の種類について

 

 

Advertisements

主に中絶のやり方には

 

「吸引法」と「搔爬法」

 

2種類があります。

 

 

 

 

 

吸引法

 

 

WHOが推奨している手術方法で、

 

 

吸引管を子宮頸管内に挿入し、

 

 

子宮内の胎児や胎盤などの

 

内容物を器械的に

 

吸い出す方法があります。

 

 

 

吸引法には

 

「電動真空吸引法(EVA)」と

 

「手動真空吸引法(MVA)」

 

があります。

 

 

 

 

掻爬法(そうはほう)

 

 

 

掻爬法とは鉗子とキュレットという医療器具を使用し、

 

 

子宮内容物をかきだす方法です。

 

 

 

 

掻爬法は基本的な技術ですが、

 

 

ブラインドの手作業で行うことが多く、

 

 

医者の手技の経験が重要となります。

 

 

 

 

中絶回数とリスクについて。不妊に影響を及ぼす?

 

 

 

中絶手術をすることで、

 

身体への負担や

 

子供を望むときに妊娠できるのかなど

 

心配になる人も多いと思います。

 

 

ここでは、中絶回数とリスクについて紹介します。

 

 

 

 

1.中絶回数が増えても妊娠可能

 

 

 

2回以上の中絶手術をしても

 

妊娠には影響がないとされています。

 

 

たとえ中絶回数が増えたとしても、

 

 

それが理由で

 

不妊症になる可能性は低いと言われています。

 

 

 

 

 

 

2.中絶手術が不妊に影響を及ぼす場合

 

 

 

中絶手術で不妊になる場合として

 

考えられるのが

 

「アッシャーマン症候群」です。

 

 

 

これは、「子宮腔内癒着症」とも呼ばれ、

 

 

子宮内膜の組織同士が

 

癒着してしまう疾患です。

 

 

 

Advertisements

この原因の一つとして、

 

中絶手術の時に、

 

医療器具によって子宮内部が傷ついてしまうことです。

 

 

 

 

 

3.中絶手術のリスク

 

 

 

中絶手術だけではなく、

 

手術を受ける時には必ずリスクがあります。

 

 

感染症や大量出血などの身体的リスクや

 

ストレスなどによる精神的リスクなどが有ります。

 

 

 

最近では技術の進歩により、

 

 

徐々に少なくなってますが

 

感染対策をしっかりしている病院を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

中絶経験者の特徴

 

 

 

ここでは、中絶経験者の特徴を紹介します。

 

 

・結婚をしていないのに妊娠してしまった

 

・妊娠してから、出産や子育てを考えた時に生活困難になると予測された時

 

・妊娠後、夫が死亡または離婚などで生活が困難になると予測された場合

 

・妊娠後、エコーなどで胎児が障がいだと分かった時

 

・結婚していないのに妊娠してしまい、会社にバレるのが嫌な時、又は怖い時

 

 

などです。

 

 

 

中絶する場合は、

 

男女の関係や

 

生活面での苦労が

 

予想される場合などが多いです。

 

 

中絶するには様々な理由があるようです。

 

 

 

 

よくある質問。中絶の履歴、中絶経験者の妊娠、堕胎と中絶の違い、不妊になりやすい特徴

 

 

 

ここでは、よくある質問を「ヤフー知恵袋」より紹介します。

 

 

 

中絶手術は医者にばれる?

 

 

【回答】

 

 

過去の妊娠や中絶、流産は、ほぼわかることは無いです。

 

 

分娩と同じ方法で中絶した時は、

 

本当の分娩時にとても進みが早いなど

 

あるかもしれませんが、

 

 

それが中絶したという

 

証拠にならないので分かりません。

 

 

また、履歴もないので分かりませんが、

 

 

薬を処方された時に、

 

 

薬手帳などで

 

薬の履歴が残るので

 

バレる可能性はあります。

 

 

 

 

 

 

一度中絶すると妊娠しやすい?それともしにくい?

 

 

【回答】

 

 

中絶しても妊娠はします。

 

しかし、「しやすい」「しにくい」は

 

個人差があるようです。

 

 

 

中絶してもあまり関係ないようです。

 

 

中絶経験者だからと言って

 

妊娠できないことは無いので

 

安心してください。

 

 

 

 

 

 

堕胎と中絶の違いは?

 

 

【回答】

 

 

・堕胎:

 

 

自然分娩期に先立ち人工的に妊娠中絶し、

 

子宮内で発育中の胎児を

 

排出させることを言います。

 

 

 

 

 

・中絶:

 

 

妊娠持続の中断や子宮内容の排出を意味します。

 

非合法的な妊娠中絶だけをさせ、

 

妊娠中絶を目的とした

 

胎児の殺害も

 

堕胎に含まれ

 

「堕胎罪」という

 

犯罪となります。

 

 

 

簡単に言えば、

 

内容は似ていますが

 

合法的か非合法的かで分けられています。

 

 

 

 

 

不妊になりやすい特徴は?

 

 

【回答】

 

 

<男女共通>

 

 

・不不規則な生活

 

・肥満や痩せすぎ

 

・喫煙習慣がある

 

・過度な飲酒習慣がある

 

・性病の経験がある

 

・年齢が高齢(妊娠力のピークは25歳)

 

・服薬が必要な持病がある

 

 

 

 

 

<女性>

 

 

・生理不順

 

・冷え性

 

・中絶経験がある

 

 

 

 

 

<男性>

 

 

・過去に高熱を出したことがある

 

・陰茎が極端に小さい(5㎝以下)

 

 

 

 

中絶の悩み、理由、過去

 

 

 

 

中絶後は中絶跡も含め皆さん気になるようです。

 

 

中絶手術後、

 

しばらく経過すると中絶跡は分からなくなります。

 

 

 

人工妊娠中絶は先程紹介したように

 

「初期中絶」と「中期中絶」

 

2種類があります。

 

 

また中絶方法も

 

「吸引法」と「搔爬法」

 

2種類があります。

 

 

 

中絶の種類や方法について

 

きになる方は参考にしてみて下さい。

 

 

中絶する事で女性に方は

 

「親に言えない」「親に言わないほうがいい?」

 

「会社にバレるのが嫌」

 

など悩んでいる様です。

 

 

 

また中絶後に

 

 

「次に妊娠できるのか」

 

などの悩みもある方がいると思います。

 

 

 

その様に困ったり悩んでいる方は、

 

今回のレポートを参考にしてみて下さい。

 

今回は中絶について考えることを紹介しました。

 

テキストのコピーはできません。