中絶費用が払えない場合、知恵袋、高校生、 払わない男、など対処法

望まない妊娠をしてしまったとき、

 

中絶せざるを得ない状況になると思いますが、

 

お金がなくて払えなかったりする場合があります。

 

 

今回はその中絶費用が払えない時の

 

対処法について

Advertisements

 

 

説明していきたいと思います。

 

 

 

中絶費用の相場はいくら?

 

 

 

 

妊娠期間が8週目から12週目は

 

10万から20万円と

 

比較的安いですが、

 

 

 

12週目以降は

 

30万から50万円と

 

高額になってしまいます。

 

 

 

 

 

理由は、胎児が大きく成長している時期で、

 

 

入院や検査が必要になるからです。

 

 

 

 

Advertisements

それだけでなく、

 

 

火葬や霊園へ埋葬もしなければいけません。

 

 

 

 

12週目から21週間と6日までは

 

妊娠中期と呼ばれますが、

 

 

 

中期の中絶手術には費用だけでなく、

 

 

大きなリスクも伴います。

 

 

 

 

 

子宮頸管を広げる処置が必要になり、

 

 

この時に子宮頚管の裂傷や

 

 

子宮破裂のリスクが高くなります。

 

 

 

それだけでなく、

 

 

 

広げた子宮が

 

 

元の大きさに戻らないこともあり、

 

 

 

大量に出血してしまうこともあります。

 

 

 

ちなみに、

 

 

21週間と6日を過ぎると妊娠後期に入り、

 

 

中絶を行うことはできません。

 

 

 

 

未成年、高校生、大学生が中絶手術は受ける場合

 

 

 

 

未成年で妊娠となると

 

 

たいてい高校生か大学生になると

 

 

思われますが、

 

 

 

学校に通っているということもあって

 

なかなか家族には

 

 

打ち明けにくいと思います。

 

 

 

 

実際、高校生などの未成年は

 

 

手術を受けることは可能ですが、

 

 

 

Advertisements

パートナーの男性だけでなく、

 

 

 

保護者の同意書も必要になります。

 

 

 

だから、身内には絶対打ち明けてください。

 

 

 

 

中絶費用が払えない場合

 

 

 

 

中絶費用が払えない場合、

 

基本どこからか

 

借りることになると思いますが、

 

 

今からその方法を紹介します。

 

 

 

 

 

 

・クレジットカードの分割払いをする

 

 

 

手数料がかかりますが、

 

 

Advertisements

手持ちのお金がなくても中絶を行えます。

 

 

 

ただ、前払いが必要なところもあれば、

 

 

分割払いができない病院や

 

 

クレジットカードが使用できず

 

 

 

現金しか使えないような

 

 

ところもあるので、

 

 

事前に確認してください。

 

 

 

 

 

 

・カードローンを利用する

 

 

 

カードローンを利用して

 

 

銀行や消費者金融などで

 

 

お金を借りることができますが、

 

 

 

クレジットカードの

 

分割払いに比べると金利が高いです。

 

 

 

金利が高いと

 

返済が苦しくなってしまうので、

 

 

あまりこの方法はお勧めできません。

 

 

 

 

 

 

・家族からお金を借りる

 

 

 

家族から借りることは

 

精神的につらいことだと思いますが、

 

 

 

前の2つの方法とは違って

 

 

手数料や利子を

 

 

Advertisements

支払う必要がなくなります。

 

 

 

 

医療制度について。出産育児一時金、医療費控除、高額療養費制度

 

 

 

 

 

他からお金を借りなくとも、

 

 

場合によっては医療制度で、

 

 

お金をもらうことができます。

 

 

 

ここでは、中絶費用が払えない時に

 

 

利用できる

 

 

医療制度と

 

 

適用される

 

条件について

 

 

説明していきたいと思います。

 

 

 

 

 

・出産育児一時金

 

 

 

健康保険に加入していて

 

 

妊娠12週以降の方に

 

出産費用の補助として

 

 

支払われる補助金制度です。

 

 

 

 

妊娠12週から21週6日以下の

 

 

中期中絶の場合は、

 

 

 

中絶後に申請することによって、

 

 

補助金がもらえます。

 

 

 

支給額は1児につき

 

 

42万円ほどです。

 

 

 

 

 

・医療費控除

 

 

 

母体保護法指定医が行った

 

中絶手術は医療費控除が適用されます。

 

 

 

この控除には確定申告を行うための

 

領収書が必要です。

 

 

 

 

 

 

・高額療養費制度

 

 

月の始まりから終わりまでに

 

かかった医療費が

 

上限を超えるほどの高額になった場合に、

 

上限を超えた額の分が

 

 

後から支給される制度です。

 

 

 

 

上限は所得や年齢に応じて

 

決まります。

 

 

生活保護受給者に中絶費用は出るのか?

 

 

 

生活保護を受けているときに

 

妊娠をしてしまい

 

堕胎を考えている場合には、

 

 

医療補助が受けられる場合と

 

受けられない場合があります。

 

 

 

 

基本的に受けられるパターンは少ないです。

 

 

 

それは地区によっても異なるので、

 

 

ケースワーカーに相談してください。

 

 

 

 

 

払わない男。中絶の費用を払ってくれない場合。慰謝料請求について

 

 

 

中絶とは本来、

 

父親と母親が、

 

話し合い、

 

互いに納得したうえで行われます。

 

 

 

しかし、知恵袋などを見ると、

 

 

父親となる男性の中には

 

 

女性の意見を無視して

 

 

中絶費用を払ってくれないなんてこともあります。

 

 

 

こうなってしまった場合、

 

 

女性ばかりが負担をこうむってしまうのは

 

 

理不尽です。

 

 

 

そんな時、払わない男に請求できる額は

 

 

中絶費用の半分が原則です。

 

 

 

ですが、相手によって証拠がなければ、

 

 

支払わないと

 

 

言ってくることもあると思います。

 

 

 

最悪の場合、

 

裁判を起こすことになりますが、

 

 

その場合証拠が必要になります。

 

 

証拠となるものは

 

 

 

 

主に病院の領収書や診断書です。

 

 

 

病院の領収書には

 

中絶費用や検診費用などが

 

載ってありますので

 

 

必要不可欠です。

 

 

 

 

診断書も妊娠していたことを

 

証明するのに

 

Advertisements

必要不可欠です。

 

 

 

だから、

 

病院の領収書や診断書は

 

残すようにしてください。

 

 

 

中絶費用がなくても

 

何かしらの対処法があります。

 

 

 

赤ちゃんを殺すことになりますが、

 

どうしてもチュウゼツしなければならない状況に

 

 

陥ったときは

 

ここで説明したことをぜひ、

 

参考にしてみてください。

 

テキストのコピーはできません。