中絶はいつまでできる。何ヶ月まで期間が可能か解説。水子供養に犬・猫もあわせて。

スポンサードリンク






中絶は何ヶ月まで行えばいいかわからない方はたくさんいると思います。

実際に中絶を行う時期によって

費用や体の負担が大きく異なります。

今回はチュウゼツをするにあたって

何週まで行うのがいいかなどについて

 

説明していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク






人工中絶と出生前診断の関係性

 

 

人工中絶手術は日本では

 

母体保護法という法律が

 

適用される場合で、

 

妊娠を中断しなければならない時に

 

行われる手術です。

 

 

出生前診断とは、

 

妊娠中に実施される

 

赤ちゃんの発育や

 

異常がないかを

 

調べる検査で、

 

 

その結果をもとに

 

医師が行う

 

診断のことを指します。

 

この診断には、

 

 

エコー検査のような

 

形態異常を調べる

 

検査と羊水検査などの

 

染色体の異常を調べる検査の

 

2種類があります。

 

目的は

 

生まれる前に赤ちゃんの状態を観察し、

 

治療や投薬を行い、

 

そして

 

出生後の赤ちゃんの治療の準備や

 

お母さんになる方の

 

健康管理を行ったりします。

 

しかし、本来は

 

診断結果をもとに

 

 

産後の育児計画を立てるためのものですが、

 

妊娠の継続や

 

中絶を決めてしまう方もいるのです。

 

この出生前検査の結果をもとに

 

中絶を決める原因となるのが、

 

 

染色体異常によって発生する

 

ダウン症などの

 

病気をもって生まれてくる子供です。

 

病気がある子供や

 

Advertisements

障害児が幸せになるとは思えないなどの

 

理由が発生するからです。

 

 

 

中絶はいつまでできる?

 

 

中絶できる期間は

 

21週間と6日の妊娠中期まで

 

可能ですが、

 

 

12週未満の

 

妊娠初期と

 

中期では

 

中絶手術の方法が異なります。

 

初期中絶とは

 

子宮口を拡張した後に

 

Advertisements

静脈麻酔を行い、

 

子宮内容物を取り除く方法です。

 

痛みや出血が少なく、

 

 

体調に問題がなければ

 

その日に帰宅することができます。

 

それに対して、

 

中期中絶とは

 

 

子宮口を開く

 

処置をした後に

 

人工的に陣痛を起こし

 

流産させる方法です。

 

体の大きな負荷がかかるため、

 

数日間の入院が必要です。

 

数日間の入院が必要になるので、

 

 

そのぶんの費用もかかるから

 

経済的にもきついです。

 

さらに妊娠12週後に

 

中絶手術を受けた場合は、

 

死産届を役所に提出し、

 

胎児の埋葬許可証を

 

もらわなければいけません。

 

そういうことも含めて

 

中絶するなら

 

妊娠初期にすることをお勧めします。

 

 

 

双子の中絶はいつまでできる?

 

 

双子の中絶は法律上は

 

普通の中絶と同じように

 

 

中期中絶まで実施できますが、

 

多胎妊娠をしてる時点で

 

単胎妊娠よりも母体への影響が大きいです。

 

特に中期では

 

Advertisements

初期よりも胎児が大きいため、

 

それが二人分となると

 

手術後に大量の血が出ます。

 

なので、影響が大きい分

 

なるべく早めに中絶したほうがいいと思います。

 

 

 

犬や猫の中絶はいつまでできる?

 

 

まず、犬や猫の中絶方法は薬を使って

 

堕胎する方法と

 

手術で子供ごと

 

卵巣と子宮を取り出す方法の

 

2種類があります。

 

妊娠時期が早い場合は

 

薬を使う方法を行い、

 

 

遅い場合は手術による方法を行います。

 

人間と同様に

 

遅ければ遅いほど

 

摘出するための傷口が大きくなり

 

出血量が増えます。

 

中絶はいつまでできるのかでありますが、

 

妊娠期間は63日から65日と大変短いです。

 

その期間の中で

 

いつまで中絶ができるかというと

 

基本的には

 

分娩する前まで

 

可能であるといわれています。

 

 

 

子供の水子供養について

 

 

中絶するということは

 

生まれてくる子供の命を奪うということですから

 

供養が必要です。

 

 

その時に行うのが水子供養です。

 

水子供養とは、

 

生を受けられなかった

 

子供の冥福を祈る供養法です。

 

水子とは、

 

中絶や流産、

 

死産などを

 

理由に生まれる前に

 

消えてしまった子を指します。

 

この供養には、

 

7つの方法があります。

 

 

 

 

・水子の卒塔婆供養

 

お寺で水子のための

 

卒塔婆を作ってもらい、

 

お経によって

 

供養してもらう方法です。

 

 

 

 

・地蔵奉納

 

水子の象徴である

 

お地蔵様の石仏を

 

奉納する方法です。

 

 

 

・地蔵尊参拝

 

地蔵尊に線香をお供えし、

 

祈りをささげる方法です。

 

1回では

 

心が休まらない人もいるので、

 

その場合は何度も通っています。

 

 

 

・戒名授与

 

 

お寺に水子の戒名を与えてもらい、

 

位牌を作成したのち、

 

位牌に魂入れを行う方法です。

 

 

 

 

・骨壺供養

 

 

遺骨があれば行えます。

骨壺はインターネットで購入できます。

仏壇に供えて行います。

 

 

 

・位牌供養

 

生まれたらつける予定だった

 

名前や戒名を位牌に刻み、

 

仏壇において供養する方法です。

 

位牌は黒塗りがおなじみですが、

 

クリスタルや

 

デザイン性が

 

高いものもあったりします。

 

 

 

・写経、写仏

 

写経は経文を書いたら最後に

 

「為○○水子供養」

 

と書き足し、

 

写仏は水子の象徴である

 

お地蔵様の絵を下にして、

 

鉛筆で書き写した後色塗りを行います。

 

自宅とお寺のどちらでも行うことができます。

 

 

中絶は遅くなればなるほど

 

体に大きなダメージを与えます。

 

だから、可能な期間のぎりぎりに行わず、

 

なるべく早めに行ってください。

 

 

そして、中絶は

 

子供の命を奪うことになりますから、

 

決して安易な気持ちで

 

中絶することはやめていただきたいです。

 

 

テキストのコピーはできません。