部分矯正ができない例は?前歯、出っ歯、重なりは?できない例は?メリットやデメリットも紹介

スポンサードリンク






歯列矯正の方法として部分矯正という選択肢があります。

しかし、部分矯正ができない例があります。

治療方法にも適応や不適応がある様に。

 

部分矯正ができない例はどのような事なのでしょうか。

 

また、メリットやデメリットは何でしょうか。

 

その他にも部分矯正ができるかなど

 

気になることがあると思います。

 

 

そこで今回は

 

・部分矯正の仕組み、八重歯、出っ歯。

・部分矯正ではできないこと、例。

・部分矯正ができる例と費用、どの程度。

・部分矯正のメリットとデメリット。

・部分矯正の失敗例。

・よくある質問、下の歯だけ、できないと言われた、など。

・部分矯正で治る?

 

 

について紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク






部分矯正の仕組み、八重歯、出っ歯。

 

 

部分矯正が出来ない例を紹介する前に、

 

仕組みについて紹介します。

 

 

 

1.歯列矯正の種類

 

歯列矯正には2種類あります。

 

①全体矯正:口腔内の派を全体的に矯正

 

②部分矯正:気になる部分のみ矯正

 

 

 

 

2.部分矯正とは

 

 

出っ歯や八重歯など

 

歯並びや嚙合わせが一部だけ悪い場合、

 

矯正する治療です。

 

 

 

3.部分矯正治療方法

 

 

・ブラケット矯正(ワイヤーを使用)

・マウスピース矯正

・インプラントを使用した矯正

 

 

 

 

部分矯正ではできないこと、例。

 

 

 

部分矯正が出来ない例は

 

4つあります。

 

 

①出っ歯

 

出っ歯は前歯のデコボコが大きく、

 

前歯が重なっていたり、

 

前歯とその隣の歯が2列になっている場合は、

 

部分矯正が出来ないことが多いです。

 

部分矯正で治療する場合、

 

前歯を適切な位置に収める

 

「IPR」という治療を行います。

 

 

※IPR治療とは、歯にヤスリをかけて

 

歯の表面を削り

 

歯列のスペースを確保する治療です。

 

 

 

 

②八重歯

 

部分矯正で八重歯を治療する場合、

 

スペースを確保する治療の

 

「IPR」を行う必要があります。

 

 

「IPR」では、

 

 

3㎜以上歯を削ることが出来ないので、

 

 

Advertisements

3㎜以上歯を動かす必要がある人には

 

適応できません。

 

 

 

 

③前歯に空間がある

 

 

「奥歯のかみ合わせ」と「前歯の歯並び」が

 

原因になっていることが多いので、

 

 

前歯か奥歯どちらかの部分的な歯の矯正では

 

改善できません。

 

 

 

この様な場合、

 

部分矯正できない歯並びとなっています。

 

 

 

 

④かみ合わせが深い

 

 

全体治療でないと

 

良くない噛み合わせになることがあります。

 

しっかりとした噛み合わせになるように

 

治療するので、

 

部分矯正では治しにくいことが殆どです。

 

 

この様に部分矯正ではできないこともあるので

 

注意しましょう。

 

 

 

 

部分矯正ができる例と費用、どの程度。

 

 

先程は「部分矯正が出来ない例」を紹介しましたが、

 

ここでは部分矯正ができる例を紹介します。

 

 

 

1.部分矯正の適応例

 

 

・症状の軽い「反対咬合」(受け口、しゃくれ)

・前歯がガタガタな状態や凸凹している状態

・犬歯が少しだけ突出している八重歯

・軽度の「出っ歯」

・前歯に隙間のある「すきっ歯」

・歯のねじれ

 

実際に部分矯正をやってみた適応例です。

 

どの程度までできる例か知っておきましょう。

 

 

 

 

 

2.治療例

 

 

①出っ歯

 

口を閉じた時、

 

顎にしわがよるレベルで

 

出っ歯になっている人です。

 

 

この場合は、

 

治療がスムーズに進むことが多く、

 

数多くの症例があります。

 

 

 

②挺出や奥歯の咬み合わせ

 

 

挺出とは、歯が折れて

 

そのままでは歯が作れない抜歯になってしまうのを

 

歯が出てくる方向へ移動を促すことです。

 

 

この挺出や奥歯の咬み合わせ矯正なども

 

部分矯正で対応できます。

 

 

 

 

3.治療費

 

 

部分矯正でかかる費用は歯科によって異なりますが、

 

目安として

 

「30万円~60万円」掛かります。

 

 

Advertisements

治療期間は

 

「6か月~1年6か月」

 

程度かかります。

 

 

大阪と東京での部分矯正の治療費は次の通りです。

 

 

 

費用

治療期間

痛み

大阪

3万円~

最短3か月

全体矯正に比べ範囲も狭いので比較的痛みが少ない

東京

5万円~

最短3か月

移動する歯が少ないので、痛みが少ない

 

 

 

 

 

部分矯正のメリットとデメリット。

 

 

 

部分矯正のメリットとデメリットは次の通りです。

 

 

<メリット>

 

・治療期間が短い

 

治す部分が限られていること、

 

簡単な不正咬合を治すので

 

治療期間が短くて済みます。

 

 

 

・費用が安い

 

治療期間が短い事や

 

使用する矯正装置が少ないので

 

費用は安く済みます。

 

 

 

・ストレスなど体への負担が少ない

 

矯正装置が一部しか付いてないので、

 

食事の時のストレスなど

 

体への負担が少なく済む。

 

 

 

<デメリット>

 

・簡単な症例のみしかできない例

 

一部の凸凹はなすことが出来ますが、

 

咬合全体の改善は出来ません。

 

重度の咬合は治すことが出来ません。

 

 

 

・抜歯あり?

 

部分矯正の場合、

 

歯と歯の間のスペースを作りに

 

歯の接触面を削ったり、

 

矯正しなくてよいまで

抜歯する歯科があります。

 

 

 

・咬み合わせ

 

見た目だけの改善になるので、

 

歯の本来の機能である

 

「よく咬める」「キレイな発音」

 

などの改善が出来ません。

 

 

偏った咬み合わせによる

 

歯周病の進行リスクも

 

考える必要があります。

 

 

 

 

部分矯正の失敗例。

 

 

 

部分矯正の失敗例を3つ紹介します。

 

 

①顎の痛み

 

歯のかみ合わせや位置が適正でない場合、

 

発症してしまうことがあります。

 

歯ぎしりなどの

 

悪癖が間接的に

 

顎関節症を引き起こします。

 

 

 

②後戻りした

 

矯正した歯が動いてしまう事を

 

「後戻り」といいます。

 

 

この「後戻り」は、

 

矯正した失敗例の中でも多い為、

 

これに悩ませてている患者も少なくありません。

 

 

 

③かみ合わせが悪くなる

 

かみ合わせをよくするために矯正を行います。

 

歯並びをよくするための矯正が、

 

逆に噛み合わせの悪さを

 

誘発することがあります。

 

 

 

 

よくある質問、下の歯だけ、できないと言われた、など。

 

 

 

ここでは、よくある質問を紹介します。

 

①下の歯だけの矯正の費用はいくら?

 

【回答】

 

全体的に下の歯だけ矯正する場合の費用は

 

「数十万円~数百万以上」掛かるようです。

 

矯正する内容や歯科によって異なるので、

 

治療する前に

 

歯科医に相談してみましょう。

 

 

 

②部分矯正が出来ないと言われたのですが、なぜですか?

 

【回答】

 

部分矯正の欠点は、

 

全ての人に対してその治療を適応できないことです。

 

例えば、できないと言われた場合、

 

 

出っ歯の大きい人や

 

歯並びの凸凹がひどい人など、

 

上下前歯のスペースにおいて

 

余裕がない人などは

 

部分矯正ができない例があります。

 

 

 

③前歯の重なりは治る?

 

【回答】

 

どの程度かによりますが、

 

重度でなければ治すことが出来ます。

 

歯の重なりは、

 

軽度・中等度・重度に分けられており、

 

 

軽度や中等度の場合は

 

部分矯正で治るケースが多いです。

 

 

前歯の重なりを治す前に

 

 

歯科医で一度相談すると良いでしょう。

 

 

 

 

部分矯正で治る?

 

 

部分矯正が出来ない例は、

 

先程紹介したように4つあります。

 

また、部分矯正のメリットとデメリットも

 

紹介しているので参考にしてみて下さい。

 

治療する前に

 

 

歯科医に治療法や費用などを

 

相談してみると良いでしょう。

 

 

これから部分矯正を考えている方は、

 

今回の記事を参考にしてみて下さい。

 

今回は、部分矯正のできない例や

 

メリットやデメリットなどを

 

紹介しました。

 

テキストのコピーはできません。