ブラック企業の見分けかた!アットホーム?ブラック企業マップ、ホームページ、求人票、面接、新卒、ホワイト企業について紹介

スポンサードリンク






ブラック企業の見分けかたの方法はいくつかあります。

 

就職する時には、ブラック企業を避けたいものです。

 

ブラック企業には特徴があり、

 

それを知っておけば

 

ブラック企業に就職してしまう可能性は低くなります。

 

 

では、どのようにして見分けるのでしょうか。

 

ホワイト企業とはどのような企業なのでしょうか。

 

 

そこで今回は

 

ブラック企業の特徴

 

・ブラック企業の見分け方

 

・中小企業=ブラック!?ブラックな中小企業のあるあるについて

 

・ホワイト企業の定義について

 

よくある質問。求人票に「アットホームな会社」、ブラック企業の面接や面談、ブラック企業の基準は何?

 

・ブラック企業とまともな会社

 

 

について紹介します。

 

 

 

 

スポンサードリンク






ブラック企業の特徴

 

 

 

 

ブラック企業には明確な定義はありませんが、

 

「理不尽な労働環境で無理な働き方を強要する会社」という

 

 

イメージが一般的です。

 

 

ここでは、ブラック企業の特徴を紹介します。

 

 

 

 

 

 

労働者に極端な長時間労働やノルマを課す

 

 

 

企業は労働基準法で決められた範囲内で

 

労働時間を設定しないといけません。

 

 

 

 

残業時間や休日労働については

 

「時間外労使協定」が必要になるなど、

 

労働者は法律で守られています。

 

 

 

 

体への負担、どのくらいの労働時間やノルマは

 

 

従業員と企業の間で

 

基準を再設定する必要があります。

 

 

 

 

この様な機会が得られない企業はブラック企業といえます。

 

 

 

 

 

 

 

コンプライアンスに対する意識が低い

 

 

 

・賃金の未払い

 

・過度な残業

 

・パワハラなどの横行

 

 

この様な法律に基づいた

 

事業運営が行われていない企業は

 

 

ブラック企業とみなされます。

 

 

 

 

 

 

労働者の選別を過度に行う

 

 

 

労働環境などに耐えられず退職希望しても、

 

認めない企業もブラック企業といえます。

 

 

 

また、従業員を退職させる目的で、

 

 

あえて過酷な労働環境にする企業が

 

ブラック企業の特徴です。

 

 

 

以上の3つが当てはまる企業は

 

 

典型的なブラック企業の見分けかたです。

 

 

 

 

 

ブラック企業の見分け方

 

 

 

ブラック企業は、実際に働いてみないと分からないことがあります。

 

しかし、働いてから気付いてしまうと

 

後悔しかありません。

 

 

事前にブラック企業を見分けるポイントが3つあります。

 

 

 

 

 

頻繁に求人票を出している

 

 

 

離職者が多かったり大量の退職者が出る企業は、

 

求人票を長期間出している

 

又は頻繁に出していることが多いです。

 

 

この様な企業は

 

ブラック企業の可能性があります。

 

 

 

 

退職して当然と言われる企業は

 

 

 

・労働環境が悪い

 

・人材育成をしない

 

 

これらが当てはまる企業は

 

退職して当然と考える企業のようです。

 

 

 

通常、社員を採用するプロセスは、

 

3か月くらいあれば

 

採用する社員が決まります。

 

頻繁に求人票に出ていたり、

 

長期間求人票やホームページなどに

 

掲載している企業は

 

 

ブラック企業の可能性があります。

 

 

 

 

 

 

同業他社と比べて条件が極端に良い・悪い

 

 

 

賃金や労働時間など

 

同業他社と比べて好条件すぎる企業は、

 

 

入社後に

 

極端なノルマや残業を強いられる可能性があります。

 

 

 

また逆に

 

労働時間が短いケースや

 

労働賃金が安い企業も注意が必要です。

 

 

 

求人票や掲載しているホームページとは違い、

 

実際働いてみると

 

Advertisements

長時間労働や

 

低賃金など

 

悪い労働条件が隠されていることがあるので

 

注意しましょう。

 

 

 

 

口コミの評価が悪い

 

 

転職や就職に関する

 

webサイトや雑誌に掲載されている

 

口コミをチェックするのも

 

見分ける方法の一つです。

 

 

 

 

この見分け方は実際に働いていた人などの

 

口コミが多く参考になります。

 

 

 

しかし、良い評価ばかりで

 

悪い評価が掲載されていないことがあります。

 

 

 

この様な会社は

 

辞めておくことが無難です。

 

 

 

 

ブラックかどうか見分けるには、

 

上記の3つの方法がよいでしょう。

 

 

 

 

中小企業=ブラック!?ブラックな中小企業のあるあるについて

 

 

中小企業の中にはホワイト企業は沢山ありますが、

 

Advertisements

「中小企業=ブラック」

 

 

というイメージを持っている人もいると思います。

 

 

ここでは、ブラックな中小企業のあるあるについて紹介します。

 

 

 

 

1.中小企業のブラックな会社の実態

 

 

①長時間労働の常態化

 

 

ブラックな中小企業でよくみられるのが

 

「長時間労働」です。

 

 

 

厚生労働省は

 

2016年4月の半年間で長時間労働と疑われる約1万の事業所に指導をしました。

 

 

 

その結果、

 

405を超える職場で

 

違法な長時間労働があった事を公表しています。

 

 

このうちの大きな割合を

 

中小企業が占めていたようです。

 

 

 

 

 

②過大な業務量やノルマ

 

 

中小企業は利益や売り上げを伸ばすために、

 

親会社や顧客からの

 

仕事は全て受けてしまうことがあります。

 

 

 

中小企業は大企業と違い

 

社員数も少ないので、

 

仕事量が多いと

 

必然的に長時間労働となります。

 

 

 

会社の規模上、

 

中小企業ではやむを得ない点ですが、

 

 

ブラック企業の場合は

 

極端に業務量が多くなるようです。

 

 

 

 

 

③低賃金や賃金の未払い

 

 

中小企業は大企業と比べ給与水準が低い傾向です。

 

ブラックな会社の場合は

 

 

そこから更に天引きがあったり、

 

残業代の未払いが

 

有ったりするケースが多いです。

 

 

 

 

2.ブラック企業が中小企業に多い理由

 

 

 

法律違反をしても会社への影響が小さい

 

 

 

大企業の場合、

 

長時間労働やセクハラやパワハラなどが

 

問題になると

 

 

ブラック企業という評判が

 

世間で立ってしまいます。

 

 

 

そうなると株価などに影響し、

 

会社に悪影響を与えます。

 

 

 

 

一方の中小企業の場合は

 

社会的な影響力も少ないので、

 

 

会社の評判が株価の値下がりや

 

信用問題に発展する事が殆どありません。

 

 

その為ブラックな会社の経営者は、

 

 

社員を使い潰して

 

過酷な労働環境を作ってしまう

 

傾向があります。

 

 

 

 

 

経営に余裕がない

 

 

 

中小企業の多くは規模が小さい為、

 

経営や資金状況に

 

余裕がない会社も少なくありません。

 

 

 

会社が生き残るためには、

 

Advertisements

極力コストを削減し、

 

 

社員に多少の無理をさせてでも

 

 

利益を上げる必要があります。

 

 

 

この様な厳しい環境が、

 

 

時間労働や低賃金労働といった

 

手口で社員を使い潰す、

 

 

ブラックな中小企業の

 

生まれるきっかけとなるようです。

 

 

 

 

 

経営者が労働基準法を理解していない

 

 

経営者が労働基準法を

 

理解していないケースがあります。

 

 

 

この場合、

 

 

仕事にとことん取り組む職人的な気質の上司によく見られます。

 

 

労働法よりも仕事の質を優先する事で、

 

社員にとって

 

悪条件な労働環境になっている様です。

 

 

 

 

 

オーナーのワンマン経営

 

 

 

ワンマン経営が問題というわけではないですが、

 

 

経営者に対して

 

意見を言える社員がいなくなります。

 

 

 

そうすると、

 

 

理不尽な指示や命令も

 

従わざるを得ない空気が生まれることがあります。

 

 

 

この様な事が

 

外から見ればブラック企業であるケースがあります。

 

 

 

 

 

大手の下請けで仕事を受注

 

 

 

製造業の中小企業であるケースですが、

 

大企業の下請けの仕事が

 

働く社員を苦しめることがあるようです。

 

 

 

下請けの仕事を受注できれば

 

中小企業にとっては

 

 

安定した収入源となります。

 

 

 

しかし、そのような仕事は

 

厳しい品質管理や

 

厳しい納期が求められ、

 

 

社員を酷使しないと

 

達成できないケースも少なくないです。

 

 

 

 

このケースの場合は、

 

 

下請けの中小企業だけでなく

 

親会社もブラックな可能性があります。

 

 

 

 

 

3.ブラック企業マップについて

 

 

 

厚生労働省は20175月より、

 

労働基準関係法違反の疑いで

 

送検された国内企業のリストを

 

ホームページ上で公開し始めました。

 

 

この「ブラック企業一覧リスト」は

 

毎月更新され、

 

 

公表から1年間は掲載状態が維持されます。

 

 

 

 

ホワイト企業の定義について

 

 

 

特に新卒の人は、

 

せっかく就職するなら

 

ホワイト企業に就職したいものです。

 

 

 

先程、

 

ブラック企業について紹介しましたが、

 

ここではホワイト企業について紹介します。

 

 

 

 

1.ホワイト企業の特徴

 

 

ホワイト企業の定義はありませんが、

 

一般的には

 

「働きやすい企業」

 

を指すことが多いです。

 

 

 

そのホワイト企業の特徴は8つあります。

 

 

・残業時間が少ない

 

・離職率が低い

 

・福利厚生が充実

 

・有給を取りやすい

 

・女性が働きやすい制度や取り組みがある

 

・研修制度が充実

 

・基本給が高い

 

・コンプライアンス意識が高い

 

 

 

 

 

2.ホワイト企業診断

 

 

 

Webサイトで「ホワイト企業診断」があります。

 

 

質問内容は次の通りです。

 

 

 

・求人票に記載されている内容と契約内容が同じ

 

・休日出勤があっても、その後に振替休日や代休が取れる

 

・入社後3年以内の離職率が低い

 

・パワハラやセクハラがない

 

・殆ど残業する人がいない、もしくは残業があっても遅くまでかからない

 

・意味のない系列会社や子会社がない

 

 

 

などを

 

YES」か「NO」で回答し、

 

ホワイト企業の度合いを診断します。

 

 

上記の質問は一部です。

 

 

 

 

 

3.ホワイト企業アワード

 

 

ホワイト企業アワードは

 

「ホワイト財団」が

 

 

全国の素晴らしい会社を称賛したり、

 

表彰するイベントです。

 

 

 

これは、企業規模な関わらず

 

 

多数選出されています。

 

 

 

20211125日に行われた

 

「第7回ホワイト企業アワード」

 

の結果は次の通りです。

 

 

 

 

 

部門名

受賞企業

生産性向上部門 ・スワロー工業株式会社

・株式会社フォーラス&カンパニー

柔軟な働き方部門
健康経営部門 ・株式会社アートネイチャー

・株式会社ラキール

働きがい部門 ・株式会社ニット

・株式会社マケレボ

福利厚生部門 ・株式会社 建新

・コインチェック株式会社

ワークライフ

バランス部門

・株式会社ベーシック

・ヘンケルジャパン株式会社

ダイバーシティ&

インクルージョン部門

・株式会社アキュラホーム

auフィナンシャルサービス株式会社

サービス業界特別部門 ・株式会社ダイアナ

・株式会社フューチャーブレーン

学生部門 ・アイレット株式会社

・セントワークス株式会社

 

 

 

※第8回のホワイト企業アワードは、2022623日の予定です。

 

 

 

 

よくある質問。求人票に「アットホームな会社」、ブラック企業の面接や面談、ブラック企業の基準は何?

 

 

 

 

ここでは、よくある質問を「ヤフー知恵袋」より紹介します。

 

 

①求人票に「アットホームな会社」

 

と書かれていたらブラック企業と聞きますが、

 

実際に「アットホームな会社」

 

と書かれていた会社に就職したら

 

職場の雰囲気がよく

 

社員同士仲が良いという事例はありますか?

 

 

 

【回答】

 

 

全国には数えきれないほどの会社があるので、

 

社員同士が仲が良くても

 

ブラック企業は存在します。

 

 

 

企業が求人を出す理由は、

 

あくまでも人手不足なので

 

求人を出しています。

 

 

 

アットホームで良い会社なら

 

人は辞めませんし、

 

 

そもそもアットホームという事は書きません。

 

良く見せるための

 

 

「まやかしの言葉」

 

なので注意しましょう。

 

 

 

 

②ブラック企業の面接や面談はどのような感じですか?

 

【回答】

 

 

企業にもよりますが、

 

基本的に圧迫面接はしません。

 

 

 

むしろ恐ろしい位に褒めてきます。

 

 

 

とりあえず人材確保が企業側からすれば優先なので、

 

面接者に会社に対して

 

よいイメージを持ってもらう為に

 

 

圧迫面接ではなく

 

褒めて入社してもらう傾向があるようです。

 

 

 

面接や面談で本人が感じたり、

 

 

質問などして

 

確認する必要があります。

 

 

 

 

 

 

③一般的に言われているブラック企業の基準は何?

 

 

【回答】

 

 

基本的にブラック企業の基準や定義はありません。

 

 

しかし、

 

 

「労働基準法」を守れない企業は

 

ブラック企業と考えてよいでしょう。

 

 

 

労働基準法が守れないと分かった時は、

 

 

早めに転職する事をオススメします。

 

 

まともな会社では、

 

必ず労働基準法は守っています。

 

 

 

 

ブラック企業とまともな会社

 

 

ブラック企業の見分け方については、

 

 

先程紹介したように3つあります。

 

 

 

また中小企業にブラック企業が多いと言われる

 

 

実態や理由も紹介しています。

 

 

これらを参考に

 

ブラックかどうか調べる方法としてみて下さい。

 

 

 

ホワイト企業についても紹介しました。

 

特に新卒の方は、

 

こちらも参考にして

 

就職すると良いでしょう。

 

今回は、

 

ブラック企業の見分け方やホワイト企業について

 

紹介しました。

 

 

テキストのコピーはできません。