赤ちゃんのミルクをいつまであげる?必要?飲むのと吐く。いつまでもつか?

スポンサードリンク






赤ちゃんはミルクから離乳食への移行が難しい!

という人も多いですね。

まず最初に言っておきたいのは、

ミルクをやめるタイミングも

個人で大きく違います。

なので、周りと比べて

焦る必要もありません、

自分の子どものタイミングで、

健康に気を付けて

離乳食への移行に

いけるようにしましょう。

 

スポンサードリンク






ミルクはいつまであげるものなの?

 

では、ミルクをいつまであげる

問題なのですが、

あくまで目安としては

完全に離乳食から

栄養を補完できる様になってから

やめるのが、

健康の為にも一番良いでしょう。

栄養が補完出来ているかは、

体重の増減で

確認してみるといいでしょう。

または、

食事後の子どもの様子で、

満足そうであれば

問題ありません。

大体離乳食は

1歳までにはスタートするものですが、

 

ほとんどの場合

ストレートに離乳食は成功しません。

子どもは離乳食を

少しずつ食べて、

食事を覚えていきます。

その間、

子ども達の栄養を守るのは、

ミルクになります。

離乳食を始めたばかり、

離乳食がなかなか進まない時、

栄養補完として

ミルクが大切になるのです。

 

 

ミルクはいつまで飲むものなの?

 

 

多くの場合、1歳過ぎると

牛乳などを飲み始めるようになるので、

ミルクから

他の飲み物に移行していきます。

しかし、決して

ミルクを

1歳以降に飲むのが

おかしいという訳ではありません。

中には、

2歳近くまで好んで

飲んでいる子もいます。

別にいつまでも

ミルクがいけないという事はないのですが、

ミルクは栄養が

計算されて作られているものなので、

体重の増加には

気を付けた方がいいかもしれませんね。

 

 

ミルクはいつまでもつものなの?

 

それぞれの子どもによって、

飲み方も食欲も腹持ちも違います。

なので、

同じ量を飲んでも、

3時間後に再び飲める子、

飲めない子差が出てきます。

あまり神経質にならず、

体重の増減や

子どもの様子をしっかり確認して、

病気によって

ミルクを欲しがっていないと

判断されない場合は

見守って大丈夫です。

基本的には、

 

腹持ちは3時間程度と思われますが、

それよりも先に

お腹が空く子もいますし、

3時間経っても

空かない子は空きません。

 

 

ミルクはいつまで吐くものなの?

 

 

子どもの消化器の形成が進めば、

吐き戻しも少なくなります。

産まれたばかりは、

消化器はほぼ直線で

形成されています。

その為に、

何かを飲み込んでも、

吐きやすいようになっているのです。

吐かない為に、

背中をとんとんしたりして、

 

ガスを抜いて

吐き戻しを防止します。

胃の形成が進む3ヶ月以降は、

 

少しずつミルクの吐き戻しは

なおっていきます。

だからと言って、

げっぷはしっかりさせるようしましょう。

もし、吐き戻しが続いたら

病院に相談してくださいね。

 

ミルクはいつまで必要?

 

離乳食や普通に

食事をするようになって、

体重が食事をとる事で

増えていれば問題ありません。

しかし、

離乳食や普通の食事をして、

全て食べているにも関わらず

体重が増えない場合は

何かしらの疾患が考えられるので、

病院に行きましょう。

全て食事を食べきる事が出来ない場合、

食事の補完として

ミルクを与えて

栄養の補完を図ります。

食事から栄養が完全に取れるようになるまで、

ミルクは与えるようにしましょう。

 

 

寝る前にはミルクあげてもいいの?

 

寝る前にミルクをあげるのは問題ありませんし、

3時間ごとの授乳があるので、

寝る前に与えてから

3時間後に

授乳となるので

問題ありません。

寝る前にあげて、

吐き戻しが心配の場合は

量を少なくしたり、

様子を見て

1時間ほどして

問題なければ大丈夫です。

 

 

個人差があるので気にしない!

 

食事のペースはそれぞれの子どもで

全く違います。

なので、

焦って

他の子に合わせずに、

その子のペースを守って

体重を増やす事を

最優先してくださいね。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました