aupayの請求書で支払いについての解説

Advertisements
 





paypayや楽天ペイやなどといったスマホのバーコードの決済が

当たり前の世の中になってきた現在、

auが提供するaupayには、

実は他にはないサービスが存在します。

それがaupay 請求書払い。

店舗に置かれているQRコードだけでなく、

電気やガスなどといった

公共料金もバーコードを読み込むことで、

aupayによるキャッシュレス決済が完了するのです。

 

そこで、今回は

• aupayとは

• aupay請求書払いの使い方

• aupay請求書払いの注意点

にわけて、

 

aupayについて簡単に説明し、

 

aupayの魅力であるaupay 請求書払いを

 

徹底解説していきます。

 

 

Advertisements
 









 aupayでの支払いとは

aupayとは、携帯会社auが提供する、

 

スマホ決済サービス。

 

専用アプリ(au pay アプリ)決済し、

 

店頭に置いてあるQRコードを読み込むと、

 

支払いが完了します。

 

クレジットカードのような、

 

会社にお金を立て替えてもらう形ではなく、

 

suicaやpasmoなどのように、

 

お金をチャージして使う方式。

 

もしaupayの残高が

 

かなりある場合は

 

auかんたん決済として、

 

月々の携帯料金から引くこともできます。

 

誰でも使うことができ、

 

auの携帯を持っていない人でも

 

使うことができます。

 

 

利用に連れてポイントのキャッシュバックもあり、

 

200円につき1ポイント還元されます。

 

キャンペーンの数も豊富で、

 

ホームページ又は

 

アプリで

 

お得なキャンペーン内容をチェックできます。

 

 

aupay請求書払いの使い方のポイント

 

 

aupay請求書払いは、以下の手順で行います。

 

(1) 手元に電気・ガス等の請求書を用意。

 

(2) aupayアプリを操作し、バーコードを読み取るをタップ。

 

(3) バーコードを読み込むと、決済内容が表示され、金額を確認して支払いを確定します。

 

(4) 支払いが完了。

 

 

以上です。

 

利用明細に関しては、

 

履歴から利用履歴を

 

タップすることで

 

見ることができます。

 

 

 

 

現在、公共料金の請求でも、

 

aupay請求書払いに

 

対応してきているところは増えています。

 

東京ガス、

 

関西ガス、

 

レモンガスを中心とした

 

 

ガス料金、

 

東京電力、

 

関西電力などの

 

電気料金に対応。

 

 

 

 

また、NHKの利用料金や、

 

地方自治体による

 

自動車税などの

 

税金の支払いにも

 

aupay請求書払いは対応しています。

 

 

 

 

しかし、gmo後払いや、

 

zozotownでの決済には

 

対応していないので、

 

注意が必要です。

 

 

 

 

aupay請求書払いの注意点。できないことは

 

 

 

aupay請求書払いを利用する上で、

 

2点注意してほしいことがあります。

 

 

• 決済上限額はaupayの上限額に依存すること。

 

 

auペイの上限金額は、

 

一回当たり25万円です。

 

それ以上の金額の支払いは

 

できないので注意してください。

 

もし、バーコードが読み取れないなと感じたら、

 

上限金額を疑ってみてください。

 

 

また、一回当たりの

 

チャージ上限額とも異なります。

 

aupayカードといった

 

クレジットカード、

 

コンビニのレジ等で

 

数万円しかチャージできないことから、

 

5万円前後が

 

上限だと勘違いする人もいるのですが、

 

チャージに関しては、

 

何回でもできるので問題ないです。

 

あくまで

 

一回当たり

 

これだけしか

 

チャージできないというわけで、

 

何回もチャージすれば

 

aupayの残高は増えます。

 

 

 

 

• Aupayの残高が足りない場合、

 

他の支払い方法との併用は不可

 

 

aupayの残高が足りない場合、

 

aupayカードを含めた

 

クレジットカードや現金、

 

電子マネーや

 

他社のスマホ決済と併用した

 

支払いはできないです。

 

 

 

例えば、aupay残高に

 

40000円しか入っていなく、

 

なんらかの事情があって

 

チャージができない状態。

 

しかし、50000円の

 

公共料金の請求が来てしまいました。

 

この時、40000円をaupay、

 

残りの10000円を

 

現金で支払いたい、

 

と言ったことができないというわけです。

 

 

 

このような場合、

 

aupayは諦め、

 

50000円分をクレジットカード、

 

または現金、

 

電子マネー

 

といった他の媒体で

 

一括で支払いを済ませる

 

必要が出てきます。

 

テキストのコピーはできません。