アップルストアのギフトカードの使い方。pinとは?購入する場所、使い道

スポンサードリンク






アップルストアのギフトカードをプレゼントやイベントの景品で貰った、

またアップルストアの初売りでもらったけど、

どうやって使えばいいのか分からないという人のために

使用方法と注意点を簡単に解説してみましょう。

 

まずアップルストアのギフトカードとは、

iPhoneやiPadなどで使うことができる

プリペイドカードで、

 

オンラインショップやApple Store直営店などで

 

使えるカードです。

 

ギフトカードには

ギフトカードタイプ(実券)と

Eメールタイプがあり、

 

以前は2種類のカードが存在していました。

 

まず2種類のカードは使用方法が全く違うので

 

違いを少し解説します。

 

 

スポンサードリンク






間違えたら場合は?apple StoreギフトカードとiTunesカードの違い

 

 

<Appl Storeギフトカード>

ハードウェアやアクセサリーの購入ができます。

 

ただApple製品の取扱店でも

 

家電量販店のような店舗での

 

使用できません。

 

 

 

<app store & itunes ギフトカード>

 

アップルストアの有料アプリやアプリ、

 

音楽などiTunesのコンテンツ購入に利用できます。

apple storeギフトカードとitunesカードの違いですが

 

デザインもよく似たギフトカードですが、

 

用途が全く別の物になります。

 

 

もし間違えた場合には

 

未使用でも返金できない可能性もあります。

 

 

またアップルストアのギフトカードは

 

App Storeでの利用できない、

 

そしてapp store & itunesギフトカードは

 

アップルストアで利用することが出来なかったのです。

 

つまり、

 

Apple StoreギフトカードはApple製品を購入するため、

 

 

itunesカードは

 

アプリや

 

デジタルコンテンツを

 

購入するための

 

カードということになります。

 

それが2022年11月、

 

2枚のカードが一体化されて

 

新しく生まれ変わりました。

 

 

アップルストア ギフトカードの購入の方法、残高

 

 

Advertisements

<アップルストアのギフトカードの特徴と購入方法>

 

 

◎ギフトカードの特徴

1枚のギフトカードで

 

ハードウェアから

アクセサリー、

アプリ、

ゲーム、

音楽、

映画など、

 

 

Apple製品なら何でも購入可能、

 

Advertisements

複数のギフトカードを

 

同時に使用することが出来ます

 

(最大8枚まで)。

 

 

また有料アプリに興味がない人でも

 

Apple IDに残高として

 

「アップル貯金」

 

が出来るようになったのです。

 

 

もちろん銀行のように

 

利息が付いたり

 

返金ができないなどはありますが、

 

ポイントでギフトカードを交換後、

 

チャージしておくこともおすすめです。

 

 

ただコードを読み込んで

 

アカウントの残高として

 

チャージしてしまうと

 

店頭での買い物には

 

利用できなくなるので注意しましょう。

 

 

 

 

カードタイプとeメールタイプ

 

 

 

アップルストアのギフトカードには

 

カードタイプとEメールタイプがあります。

 

<カードタイプ>

 

iPhoneやiPadのカメラでカード裏面にある

 

16桁のpinを読み込むことで

 

利用できるようになります。

 

 

 

<eメールタイプ>

 

eメールで受け取ったら

 

「受け取る」

 

を押し、

 

Apple IDとパスワードにサインすれば

 

カードの残高に

 

Advertisements

チャージされ

 

すぐに利用可能となります。

 

 

では今回は貰ったギフトカードでしたが、

 

実際にはどこで

 

どうやって買えばいいのか

 

簡単に説明してみましょう。

 

 

 

購入する場所と購入の方法。キャンペーンは?

 

 

 

<アップルストアのギフトカード の購入場所>

 

◎オンラインサイト

 

アップルストアのオンラインサイトでは

 

1,000円から50万円までの

 

金額を指定して購入可能。

 

こちらの受取方法はメール、

 

支払いは

 

クレジットカードかApple Payとなります。

 

 

また認定店でも購入可能ですが、

 

高額なギフトカードを

 

定期的に買うことができないようになっています。

 

 

 

 

 

 

◎Apple Store直営店、コンビニエンスストア

 

金額は1,500円から5万円まで、

 

デザインも5種類あって

 

支払いは現金になります。

 

パッケージを開封すると

 

中のマークが簡単にはがせる

 

シールになっています。

 

 

その他、

 

スーパーやヤマダ電機のような

 

家電量販店などでの取り扱いもあります。

 

家電量販店では

 

キャンペーンを開催していることがあるので

 

お得に購入可能となることもあります。

 

 

 

 

 

<購入方法>

 

◎オンラインサイト

①アップルストアのオンラインサイトから

 

Apple Gift Cardの「購入」を選択します。

 

②購入金額と受取人の氏名、

 

メールアドレスを入力します。

 

 

 

③支払い方法を選択して

 

手続きを行えば

 

購入完了です。

 

(オンラインでの購入にはステッカーは送られてきません)

 

<コンビニ、量販店>

 

陳列されているコーナーから

 

希望金額のApple Gift Cardを

 

レジへ持って行き支払います。

 

 

 

 

安く買うことは可能?使い道は?使用しないアップルストアのギフトカード

 

 

 

 

アップルストアのギフトカードは

 

QUOカードと同じプリペイドカードです。

 

ギフトとしてもらっても

 

必要がないなら

 

売却し現金化することも可能です。

 

使い道に困る場合は

 

買い取ってもらい現金に替えましょう。

 

 

 

 

<売却方法>

 

 

◎買取店舗

 

Apple Gift Cardの買取を行っている店舗

 

(チケットショップや金券ショップなどでは買取できません)

 

へ直接持って行くしかないのですが、

 

全国的にも

 

電子ギフト券の買取店舗というのは

 

数えるほどしか無いでしょう。

 

 

 

◎買取サイト

 

即日買い取りや

 

24時間申し込めるサイトも増えてきました。

 

手元のギフトコードを入力して

 

登録するだけで

 

簡単に買取してもらえるので便利です。

 

 

 

普段はapple製品の割引セールもなく、

 

家電量販店の初売りでも

 

安く買うことはできません。

 

 

2015年まで販売していた福袋も

 

2016年からは

 

近隣住民、近隣店舗より

 

長蛇の列へのクレームや

 

トラブルから販売休止となりました。

 

福袋の代わりに

 

直営店では初売りとして

 

apple製品の購入者だけが貰える

 

お得なギフトカードを

 

還元型セールを開催しています。

 

 

 

全国10か所の直営店、

 

Apple公式オンラインストア、

 

Apple指定の電話より購入可能です。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

テキストのコピーはできません。