アナと雪の女王のあらすじの解説!アナ雪のストーリーを簡潔に内容を。英語は?

スポンサードリンク






今回紹介するのは、2013年に公開されたディズニー映画『アナと雪の女王』です。

「ありのままの姿見せるのよ」

 

で有名な

 

『レット・イット・ゴー(英語では『Let It Go』)』は、

 

日本でも大流行し、

 

社会現象となりました。

 

そんな『アナ雪』は、

 

2019年に『アナと雪の女王2』

 

も公開しています。

 

 

この記事では、

 

アナ雪シリーズの第一作目である

 

『アナと雪の女王』のあらすじと、

 

批判的な意見をまとめてみました。

 

 

まずは簡単に、

 

あらすじを紹介しましょう。

 

 

 

スポンサードリンク






解説。ストーリーを短く紹介

 

 

まずはアナと雪の女王のストーリーを短く解説。

 

 

アレンデール王国には、

 

仲のいい2人の姉妹がいた。

 

1人は姉のエルサ。

 

 

もう1人は妹のアナ。

 

 

姉のエルサには、

 

妹のアナにはない

 

強大な力を持っていた。

 

 

 

自在にものを凍らせたり、

 

雪を降らすことができる、

 

氷の魔法だ。

 

 

 

 

あるときエルサは、

 

事故によりアナを傷つけてしまう。

 

 

自分の魔法が原因で

 

 

アナにけがをさせてしまったエルサは、

 

 

 

ショックから自室に引きこもってしまう。

 

 

 

月日が流れ、

 

 

13年後。

 

 

 

両親が突然海難事故で亡くなり、

 

 

エルサは女王として即位することになる。

 

 

エルサとの久々の再会を喜んだアナだったが、

 

 

出会って間もないハンス王子と

 

婚約を交わしたことで、

 

 

エルサと口論になってしまう。

 

 

 

そこでエルサは、

 

秘密にしていた

 

 

 

氷の魔法を使ってしまい、

 

 

 

Advertisements

城中にどよめきが起きる。

 

 

エルサはそれを避けるように

 

 

北のノースマウンテンへと逃げ出して、

 

 

宮殿を作り、

 

 

自分の力を制御することのない

 

生活を満喫するようになる。

 

 

しかし、エルサの力は

 

想像以上に大きく、

 

 

アレンデール王国も

 

 

Advertisements

氷の世界に変わってしまう。

 

 

 

アレンデール王国に残されたアナは、

 

 

城をハンス王子に任せ、

 

 

エルサを追いかけることを決意する。

 

 

なぜひどい?その理由を簡潔に解説

 

 

社会現象となるくらい一時は

 

ブームになった

 

アナ雪ですが、

 

 

実際に映画を観た人の中には

 

 

「つまらない」

 

 

と感じる人もいるようです。

 

 

ここでは、

 

 

「つまらない」

 

と言われている理由を

 

 

簡潔にまとめて解説します。

 

 

 

この先には

 

 

ネタバレが含まれる

 

可能性があるため、

 

 

注意して読んでください。

 

 

 

 

 

 

理由①ストーリーの内容が薄い

 

 

つまらないと感じる人の中には、

 

「ストーリーがひどい」

 

と不満を漏らす方が多かったです。

 

 

・話がありきたりで平凡

 

・自分勝手なキャラクターが多い

 

 

主にこの二つが

 

不満の原因になっているようです。

 

 

子供向けの作品だからか

 

内容に深みがなく、

 

 

感情移入できるような

 

キャラクターが少ないため、

 

つまらないと感じるようです。

 

 

 

 

理由①アナが嫌い

 

「アナの性格に共感できないから」

 

という理由も多かったです。

 

ハンス王子と出会って

 

すぐに婚約したり、

 

自己中な行動を取ったり、

 

 

エルサの気持ちを読めない、など……。

 

 

両親を亡くし、

 

姉にも避けられているためか、

 

 

『愛に飢えている』

 

アナにも事情はあるのですが、

 

 

それを置いても

 

 

イライラする人は多いようですね。

 

 

 

私の解釈。アナと雪の女王の内容について

 

 

大流行したわりには、

 

映画として内容の評価が

 

著しく高いとはいえない

 

『アナと雪の女王』。

 

 

私も当時実際に映画を観に行きましたが、

 

 

解釈次第では

 

つまらないとまではならないものの、

 

 

「ディズニーにしては平凡な作品」

 

 

と思いました。

 

 

人気の理由が物語の中に見られなかった、

 

というのが正直な感想です。

 

 

ただ、ある見方をすると

 

 

今作は成功しています。

 

 

それは、

 

ディズニーが長年成功させようと

 

試みてきた

 

 

『自立したヒロイン』

 

の確立です。

 

 

 

これまでのディズニーのヒロインは、

 

「ヒーローと結ばれ、ハッピーエンドを迎える」

 

というのが通例でした。

 

言い方を変えると、

 

「ヒロインの幸せはヒーローが握っている」

 

状態だったわけです。

 

これはある意味

 

「女性の幸せは男性で決まる」

 

というふうに捉えられ、

 

このことに関して

 

ディズニーは以前から

 

指摘されていました。

 

実は『美女と野獣』のときに

 

自立したヒロインを描こうと試みていたのですが、

 

ヒロインのベルが

 

それまでになかった

 

知的なヒロインになっただけで終わり、

 

「異性に頼らないヒロイン」は

 

このときまだ

 

実現できませんでした。

 

 

これに関しては、

 

原作に近づけて

 

制作されているので

 

仕方がないところもあるかと思います。

 

 

ですが今作で、

 

ようやく

 

それを実現させることが出来ました。

 

言うまでもなく、

 

エルサがその

 

「異性に頼らない自立したヒロイン」です。

 

 

エルサにはストーリー上に

 

明確なパートナーがいなく、

 

 

それでいて知的でたくましい、

 

 

エレガントな女性です。

 

 

また、ディズニー映画を楽しむ人の中には、

 

当然ヒロインとヒーローとの

 

恋愛を楽しみにしている人もいます。

 

 

Advertisements

もう一人のヒロインのアナにはその要素があり、

 

これまでのディズニーファンを

 

意識した工夫が見られるのも

 

本作の良さです。

 

映画としての評価は

 

微妙なところもありますが、

 

私はこうしたディズニーの

 

「新たな挑戦」を、

 

アナと雪の女王の話の中で感じました。

 

……と、

 

最後は考察でも感想文でもない、

 

私の自論で締めくくりたいと思います。

 

 

コメント

  1. とす より:

    見ました

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました