anaマイルをあとからつける方法。後から後付け。期間。

Advertisements
 





ANAカードの発行について

anaマイルの貯め方、後付け、あとからつける

ANAマイルの使い方

について今回は解説していきます。

 

 

 

anaマイルが貯まりやすいのはクレジットカード払いです。

 

 

飛行機で旅に出かけると

 

「マイル」や「マイレージ」

 

という事をよく耳にしますが、

 

 

この2つは簡単に言えば

 

ポイントカードの様なものです。

 

 

 

飛行機に乗るたびにポイントが貯まり、

 

 

貯まったポイントで

 

特典と交換するシステムです。

 

 

 

 

Advertisements
 









ANAマイルの後付けができる場合は?登録方法は?

 

 

 

 

1.事後登録方法

 

 

事前に登録を忘れた場合や

 

搭乗した航空会社の

 

システムの理由などで

 

 

 

登場後のマイルが

 

積算されない場合は

 

 

「搭乗後の翌日午後以降、6か月以内」

 

 

ANAウエブサイトや

 

 

電話や

 

メールなどで

 

事後登録が可能です。

 

 

 

 

 

2.注意事項や疑問など

 

 

 

ANAマイレージクラブに

 

 

入会前に登場した分の

 

マイルを後から入会して

 

マイルを貰うことは出来ません。

 

 

 

事前に入会する必要があります。

 

 

 

 

 

②予約後にマイレージクラブに

 

 

お客様番号の登録を忘れた場合は、

 

 

後から追加登録をすることが出来ます。

 

 

Webサイトの

 

 

「予約確認・変更・購入」ボタンより

 

 

内容を確認して

 

 

 

「マイレージ情報」にて

 

 

お客様番号を登録してあとづけしてください。

 

 

 

 

搭乗後の場合は、

 

 

搭乗の3日~6か月以内であれば

 

 

事後登録が可能です。

 

 

 

③会社の出張マイルは「ばれる」のかと

 

不安の方もいるかと思いますが、

 

 

事後登録をして

 

 

 

会社に申告しなければ

 

 

ばれることはありません。

 

会社で「経理申請」が

 

完了した後に

 

 

事後登録をすることが

 

ポイントです。

 

 

 

 

 

3.一般的な登録手順

 

 

 

予約や搭乗当日

 

 

予約をした時や

 

出発する空港で

 

 

ANAマイレージクラブお客様番号を登録します。

 

 

 

 

搭乗後

 

「搭乗券」または

 

「搭乗案内」

 

 

を保管しておきましょう。

 

 

 

 

 

搭乗日の後日、

 

 

12日後にマイルが積算されます。

 

 

 

 

 

ANAカードの発行・期間

 

 

 

 

ANAマイルを使う前に、

 

カードを発行する必要があります。

 

 

 

 

1.ANAカードを発行

 

 

 発行手順は・・

 

 

 ①カードを選んで入会

 

 

 

 ・ANAゴールドカード:サービスが充実しており、マイルも大きく貯まる

 

 ・ANA一般カード:一般的なカード

 

 ・交通系IC一体型カード:日常生活に便利な交通系IC一体型

 

 ・ANAカードプレミアム:国内外で最上級のサービスが受けられる

 

 

 

 

 

②入会後、条件達成で特典をゲットできる

 

 

・特典1:対象期間中に新規入会された

 

 

 

ANAカードでクレジット決済した方には、

 

 

利用金額に応じてマイルが貰える

 

 

 

 

 

・特典2:対象期間中にANAグループ運航便に

 

 

1回以上搭乗すると、

 

ボーナスマイルが貰える

 

 

 

 

対象期間は、2021315日~2021831

 

 

クレジット決済分までです。    

 

 

 

 

 

2.ポイント上限

 

 

カードによって保有できるポイントの上限が決まっています。

 

 

 

 ・ANAゴールドカード:最大14000マイル

 

 ・ANA一般カード:最大12000マイル

 

 ・交通系IC一体型カード:最大12000マイル

 

 ・ANAカードプレミアム:最大25000マイル

 

 

 

 

最大ポイント数を超えたポイントは使うことが、

 

できないので注意しましょう。

 

 

 

 

anaマイルの貯め方・マイレージカード

 

 

 

ANAマイルを効率的に貯めて行くには

 

「クレジットカードの利用」が不可欠です。

 

 

 

 

ここではANAマイルを

 

 

貯めているのに向いている、

 

 

おススメのクレジットーカードや

 

利用するコツを解説します。

 

 

 

 

 

1.クレジットカードの選び方

 

 

 

ANAマイルを貯めるのに適した

 

クレジットカードは

 

ANAカード」です。

 

 

 

 

他社カードのポイントをANAマイルに交換する方法もありますが、

 

 

ANAマイルに交換する

 

レートが不利なことが多いです。

 

 

 

 

Vポイント

(三井住友カード)

1000円=5ポイント➜3マイル
Oki Dokiポイント

JCB

1000円=1ポイント➜3マイル

 

 

 

 

これらの場合、約333円のお支払いで

 

 

1マイル獲得という計算であり、

 

還元率は0.3%です。

 

 

これに比べてANAカードであれば

「最低でも0.5%で、1%以上」

にすることも出来ます。

 

 

 

ポイントからマイルにするには、

 

主に「5マイルコース」と「10マイルコース」があります。

 

 

 

コース種類

交換レート

移行手数料

5マイルコース 1ポイント➜5マイル 無料
10マイルコース 1ポイント➜10マイル 5000円~6000

 

 

 

10マイルコースの方が交換レートは有利ですが、

 

移行手数料が

 

5000円~6000円かかるので

 

注意が必要です。

 

 

 

 

2.マイルの貯め方

 

マイルの貯め方は、

 

フライトやショッピング、

 

サービス利用などがあります。

 

 

飛行機に乗らなくても

 

 

日常生活でも

 

 

マイルが貯まる機会があります。

 

 

 

 

 

①フライト距離や運賃に応じて決まる

 

 

マイルの基本的な貯め方は、

 

「フライト利用」です。

 

マイルは

 

 

「搭乗区間の基本マイル×運賃種別のマイル加算率」

 

で決まります。

 

 

 

 

②クレジットカード利用額に応じて貯まる

 

 

 

マイレージプログラムに入会するには

 

「マイレージカード」

 

をつくるのが条件ですが、

 

 

「マイレージカード機能付きのクレジットカード」

 

 

 

 

 

の申請も可能です。

 

 

 

マイル系クレジットとも呼ばれ、

 

ショッピングなどの

 

 

利用額に応じた

 

 

マイル又はポイントが貯まります。

 

 

 

「カード会社のポイント」が付与される場合、

 

 

 

ポイントからマイルへの

 

 

「交換手数料」が

 

 

 

掛かるので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

③交換レートや手数料のお得なサービスを活用

 

 

 

フライトやショッピングなどを

 

しなくても

 

オンラインの

 

「ポイント交換サービス」

 

 

を利用すれば

 

 

 

欲しい分のマイルが手に入ります。

 

 

 

サービスを選ぶときは、

 

交換レートや

 

手数料が出来るだけ

 

 

お得な所を選びましょう。

 

 

 

 

ANAマイルの使い方。国内線・国際線

 

 

 

 

 

.ANAイルの交換先

 

 貯めたマイルの主な交換先は以下の通りです。

 

 

 

 ・特典航空券

 ・座席のアップグレード

 ・アナ スカイコイン

 ・ANA利用券

 ・現金に交換

 ・他社ポイントや電子マネーに交換

 ・マイルで投資

 「ANA利用券」は航空券や宿泊や機内販売

 

 

 

 

 

2.マイルの使い方

 

 

貯めたマイルの、

おススメな使い方は

航空券と引き換えることです。

 

 

 

 

 

・国内線の特定航空券に交換

 

一番手頃な交換先が国内線の特定航空券です。

 

 

 

ここで必要なマイルは

 

10000マイル~23000マイル」で、

 

東京⇔沖縄間なら

 

通常期18000マイルあれば交換できます。

 

 

 

 

 

・国際線の特定航空券に交換

 

 

国際線も距離に応じて異なります。

 

また座席のグレードアップも出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

ANAマイレージクラブの必要なマイル数>

 

 

行先

エコノミー

ビジネス

ファースト

ソウル

15000マイル 30000マイル 50000マイル

グアム

20000マイル 40000マイル 60000マイル

バンコク

35000マイル 60000マイル 80000マイル

ハワイ

40000マイル 65000マイル 90000マイル

ロサンゼルス

50000マイル 80000マイル 110000マイル

パリ

55000マイル 85000マイル 120000マイル

 

 

 

 

 

・特典航空券以外

 

 

航空券以外にも

 

座席のアップグレードや

 

ホテルの宿泊や電子マネーなどに

 

交換できます。

 

 

 

 

 

 

3.ANAマイルは有効期限を延長するのが簡単

 

 

 

ANAマイルが使いやすい理由として、

 

マイル期限の延長が

 

比較的簡単という点です。

 

 

 

有効期限が迫っているのに

 

使い道がなく失効や

 

不本意な使い道をした人も

 

 

多いと思います。

 

 

 

 

有効期限を延長しやすいとなれば、

 

自分の好きなタイミングで利用し易くなります。

 

 

 

 

 

有効期限延長方法

 

 

Ana Skyコイン(アナ・スカイコインに交換:1年間延長

 

最も手軽なのが

Ana Skyコインに交換」

1年間の延長が可能です。

 

マイルと違い

 

1コインから

利用できるので

細かいポイントも有効活用できます。

 

※コインからマイルに戻すことが出来ないので注意しましょう。

 

 

 

 

 

②他社ポイントに交換してからANAマイルに戻す

 

新たなマイル期限が付与されるので

3年間の延長」が出来ます。

 

ただしマイルに戻すときは

 

ポイントが大幅に減ります。

 

「楽天スーパーポイント」や

 

Tポイント」などに

 

交換できますが、

 

 

 

再びANAマイルに戻すときは

 

半減してしまいます。

 

 

 

 

ANAマイルに戻すときのレートの例>

 

 

 

 

楽天スーパーポイント 2ポイント➜1マイル

50ポイント以上・2ポイント単位)

Tポイント 500ポイント➜250マイル

500ポイント以上・500ポイント単位)

nanacoポイント 500ポイント➜250マイル

500ポイント以上・500ポイント単位)

 

 

 

 

ana マイルはお得

 

 

 

anaマイルが貯まりやすいのはクレジットカード払いです。

 

 

ANAマイルを使う前に、

 

カードを発行する必要があります。

 

 

先程紹介したように

 

カードの種類によって

 

 

マイルの上限が決まっているので注意しましょう。

 

 

今回お伝えした「anaマイル」についてのポイントは

 

 

・マイルの貯め方

 

・マイルの使い方

 

です。

 

 

 

おススメのマイルの使い方は

 

 

特定航空券に交換することです。

 

 

 

また、日頃エコノミーの座席しか

 

 

座れない人でも

 

貯まったマイルで

 

 

座席をアップグレードするのも、

 

おすすめです。

 

 

ANAマイルを上手に利用して、

 

楽しい旅行にしてみて下さい。

 

テキストのコピーはできません。