赤ちゃんの赤いあざ。まぶた、背中、頭、足、原因は?

スポンサードリンク






生まれたての赤ちゃんの身体に赤いあざができていると、

不安に思うかもしれません。

「突然頭の後ろに変なあざができたけど、これは何?」

「もしかして病気?」

と、心配になるでしょう。

もしかしたらそのあざは、

放っておくと大変なことになるかも……。

赤ちゃんの赤いあざには、

どんなものがあるのでしょうか?

また、赤ちゃんのあざは消えるのでしょうか?

今回は、「赤ちゃんの身体にできる赤いあざ」

の種類ついても

簡単に紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク






生まれつきのあざ

 

『単純性血管腫』とは、

乳児の顔や背中など、

あらゆる場所に生まれつきある

先天性のあざです。

 

形は平坦で、

皮膚との間に

はっきりと

境界線が見えるのが特徴です。

 

基本的に消えることはなく、

 

成長とともに

面積が広がったり、

 

茶色に変化したりします。

 

顔に大きな

単純性血管腫が見られた場合は、

 

『スタージウェーバー症候群』

Advertisements

という別の病気である

可能性も高いため、

早めに受診し、治療を行ってください。

 

 

消えるあざ

 

『乳児血管腫』は、未熟な毛細血管が

原因で出来る

後天性のあざです。

苺のような赤い見た目から、

Advertisements

別名『苺状血管腫』と呼ばれています。

 

生後すぐは

皮膚の赤い斑点ですが、

 

数か月の間に急速に拡大し、

 

就学前には

自然に消えることがほとんどです。

 

しかし、跡が残りやすいため、

 

顔に出来た

乳児血管腫は治療を勧められます。

治療は主に、

レーザーや薬を使うのが一般的です。

 

天使のキス

 

『サーモンパッチ』とは、

まぶたや鼻や額など、

顔を中心に現れる先天性のあざです。

 

新生児の約20%に見られる

正常なあざで、

病気ではありません。

シミのように平坦で、

境目が分かりにくいのが特徴です。

 

成長するにつれて

Advertisements

徐々に薄くなり、

 

やがて自然に消えていくので

特に治療はいりませんが、

 

気になるのであれば

 

レーザーを使った治療が可能です

(ただし眼に近い場合は、危険なのでできません)。

 

また、西洋では

『天使のキスマーク』と呼ばれ、

『幸運の証』とされています。

 

首などのあざ

 

『ウンナ母斑』は

首から後頭部にかけてできる

赤いあざで、

『正中部母斑』

とも呼ばれています。

 

サーモンパッチと特徴が似ていますが、

 

ウンナ母斑はやや消えにくい傾向があり、

 

成長しても消えなく、

 

見た目を気にする場合は

レーザー治療を行います。

 

また、西洋では

『ストークマーク(コウノトリの噛みあと)』

と言われ、

 

サーモンパッチ同様

『幸運の証』

とされています。

 

乳児の他の原因

 

ここまで赤ちゃんにできる

『赤いあざ』について

紹介してきましたが、

ここで少し、

 

赤ちゃんの身体にできる

『青いあざ』について

簡単に説明したいと思います。

 

 

①『蒙古斑』

 

乳児のお尻に現れる、

 

薄青色または

 

灰色のあざのことです。

通常は、

3~5歳の間に

自然と消えます。

 

 

②『異所性蒙古斑』

 

普通はお尻に現れる蒙古斑ですが、

それが肩や足など

別の場所に現れた場合は、

『異所性蒙古斑』と呼びます。

 

蒙古斑と比べ

成長しても消えにくく、

精神的苦痛を和らげるために

レーザー治療が勧められることがあります。

 

 

赤ちゃんの赤いあざは自然に消えることがほとんど

 

『単純性血管腫』を除いて、

赤ちゃんの赤いあざは

自然に赤ちゃんのあざは

消えることがわかりました。

 

ただ、中には

綺麗に跡が消えないものもあるので、

気になる場合は

皮膚科に受診しに行きましょう。

 

 

テキストのコピーはできません。