アフターピルで生理が来ない・陰性。不安。3週間以上?

Advertisements
 





避妊方法の一つであるアフターピルは、

 

緊急避妊薬として服用しますが、

 

副作用などが気になる方が

 

多いのではないでしょうか。

 

避妊をせずに行われた性交や否認しても

 

避妊手段が適切でなかった性交の後に、

 

緊急避難的に服用するものです。

 

 

アフターピルを服用して生理が来ないと不安になります。

 

 

今回は、アフターピルを服用して生理が来ない場合、

 

3週間以上のときなどに

 

ついて紹介します。

 

 

また妊娠検査薬で陰性なのに生理が来ない場合も紹介します。

 

 

 

Advertisements
 









アフターピルにある不安について

 

 

 

アフターピルは、どんな時に飲むのか、

 

 

また副作用はあるのかなど

 

アフターピルについて紹介します。

 

 

 

 

<どんな時に飲むの?>

 

 

アフターピルは避妊に失敗してから

 

120時間以内の服用が必要です。

 

早い程効果が上がりますが、

 

この時を過ぎてしまうと

 

 

避妊に失敗してしまうことがあります。

 

 

 

 

 

<メカニズム>

 

 

 

避妊を成立させるメカニズムは

 

いくつかありますが、

 

主に排卵前に扶養することによって

正常な排卵を抑制することです。

 

排卵直前に卵胞を育てるため

 

ホルモンが一時的に多量に分泌される

 

 

LHサージという現象が起こりますが、

 

 

アフターピルを服用すると

 

LHサージが抑制されたり

 

遅延すると考えられています。

 

 

 

 

その為、

 

排卵が阻害されて

 

避妊が成立します。

 

 

 

 

 

<効果>

 

 

女性の80%が、

 

5日間以上その効果が続くと言われます。

 

アフターピルを服用してから

 

 

57日間は

 

排卵が無くなるので、

 

 

 

 

この期間に

 

性器内に侵入している

 

全ての精子が受精能力を失い、

 

妊娠の成立を防ぎます。

 

 

 

 

また排卵後に服用した場合でも

 

子宮頚管粘液の性質を

 

変化させることで

 

精子の侵入を抑制したり、

 

 

着床を阻害する効果が有るので

 

 

 

排卵後でも

 

服用することは可能と言われています。

 

 

 

 

 

アフターピルの不安

 

 

 

副作用はあるのでしょうか。

 

対処法などを紹介します。

 

 

 

 

 

<副作用は、いつからいつまで>

 

 

 

アフターピルを服用してから

 

 

数時間で感じることがあり、

 

 

通常1日以内におさまります。

 

 

 

 

 

 

<対処法>

 

 

服用後に嘔吐する場合があります。

 

服用後、

 

 

2時間以内の場合は

 

 

避妊効果がなくなる可能性があります。

 

アフターピルは自由診療になります。

 

 

 

医療機関にもよりますが

 

希望すれば2回分処方してもらえる場合があります。

 

 

万が一吐いてしまっても、

 

 

 

服用後2時間以上経過していれば

 

 

薬の効果はあります。

 

 

 

 

<副作用を緩和する方法>

 

 

 

吐き気がある場合は

 

風通しの良い場所で、

 

衣類の締め付けを緩めて

 

安静にしましょう。

 

 

 

 

また空腹を避け、

 

食後にアフターピルを服用することで

 

 

吐き気が緩和することがあります。

 

 

 

 

異常な痛みや辛い部分がある時は、

 

他の病気を併発している場合があります。

 

 

この場合は、

 

子宮内膜症や性行為によって

 

 

性病になったことも

 

考えられるので

 

病院で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

アフターピル服用後、3週間以上、生理が来ない場合。

 

 

 

アフターピルを服用した後色々と

 

 

気になることがあります。

 

いくつか紹介します。

 

 

 

 

<生理が来なかった場合>

 

 

服用してから3週間が一つの目安となります。

 

 

なので3週間以上、

 

 

月経が来ない場合は

 

 

 

避妊に失敗して

 

 

妊娠している可能性があります。

 

アフターピルを服用して3週間以上たっても

 

 

生理が来ない場合や

 

 

 

生理予定日から

 

1週間が過ぎているのに

 

 

生理が来ない場合は

 

妊娠を疑い、

 

 

婦人科で診療してもらうか

 

 

妊娠検査薬を使用することをおススメします。

 

 

 

 

妊娠検査薬で陰性が出れば

 

避妊していますが

 

 

 

陽性が出た場合は

 

 

妊娠している可能性があります。

 

 

 

 

 

 

<服用後、いつから避妊をするべき?>

 

 

女性の80%が、5日間以上その効果が続くと言われます。

 

 

57日間は

 

アフターピルの効果が続くと言われています。

 

 

 

 

これを過ぎれば

 

 

効果がなくなり、

 

 

 

生殖能力は元に戻ります。

 

 

 

その為、

 

アフターピルを

 

服用した後からは、

 

 

次の生理が来るまで

 

避妊をすることが必要です。

 

 

 

 

つまり妊娠しなかったかは、

 

 

 

次の生理が来るまで分かりません。

 

時には妊娠検査薬で陰性であることを

 

確認するのも良いかも知れません。

 

 

 

 

 

<服用後、排卵は起こるの?>

 

 

 

アフターピルは、LHサージといい、

 

 

排卵前に卵胞を育てる為、

 

ホルモンが一時的に

 

多量に分泌するのを防ぎます。

 

 

 

この効果は服用して5日程度となります。

 

 

 

例えば、

 

排卵が起こる前に

 

アフターピルを使用した場合、

 

効果が切れた後に

 

排卵をする可能性があります

 

 

 

つまりアフターピルを服用後、

 

安心して1週間後に性行為をすれば、

 

 

当然のことながら

 

妊娠し陽性反応が出る場合が有ります。

 

 

 

 

陰性なのに生理がこない

 

 

 

 

生理が来ない場合は、

 

妊娠の疑いがあります。

 

 

 

また妊娠検査薬が陰性でも

 

妊娠している可能性があります。

 

 

 

 

 

<双子妊娠>

 

 

双子やそれ以上の多胎妊娠の場合は、

 

 

HCGホルモンが通常より

 

早い段階で分泌され、

 

 

 

検査薬の想定量を

 

超えてしまい

 

 

 

陰性という結果になる

 

場合が有ります。

 

 

 

 

 

<尿のかけすぎ>

 

 

検査薬の必要以上に尿をかけると、

 

判定が上手くいかず

 

陰性となる場合が有ります。

 

 

 

体調の変化があったり

 

生理が来ない場合は

 

婦人科で見てもらいましょう。

 

 

陰性でも妊娠の疑いがあります。

 

 

 

 

 

アフターピルで生理が来ない

 

 

 

 

避妊方法の一つであるアフターピルは、

 

緊急避妊薬として服用しますが、

 

 

副作用などが気になる方が

 

多いのではないでしょうか。

 

 

アフターピルは避妊に失敗して

 

120時間以内に服用がひつようです。

 

 

 

 

早ければ効果が高くなりますが、

 

 

逆に

 

遅くなると

 

妊娠してしまう可能性があります。

 

副作用は、

 

個人差にもよりますが

 

1日程度でおさまります。

 

服用して

 

2時間以内に

 

嘔吐したら効果がなくなる

 

可能性がありますが、

 

2時間以上経過していれば

 

効果はまだあります。

 

 

症状を緩和するには、

 

安静にすることが大切です。

 

 

 

アフターピルを服用して

 

気になることを紹介しましたが、

 

不安な場合は

 

婦人科で診察してもらうと安心できます。

 

陰性なのに生理が来ない場合は、

 

妊娠の疑いがあるので

 

婦人科に受診しましょう。

 

 

 

この様にアフターピルは、

 

副作用などが出る場合が有ります。

 

不安になったら

 

婦人科で相談をすることをおススメします。

 

テキストのコピーはできません。